ネットの住民になりたい

第5回 覚えてもらいやすいブログにするには?

2009.09.09 WED

ネットの住民になりたい

独自ドメインはどうやって取るの?



ブログを作るにあたって、URLは自分のブログを表す重要な要素です。

そのURLを自分の好きなように設定できるのが「独自ドメイン」と呼ばれるもの。独自ドメインでブログを運営することで、検索エンジンの上位に表示されやすくなったり、ブログを覚えてもらいやすくなるんですって!

では、その独自ドメインはどうすれば取得できるのでしょうか? URLを独自ドメインにできるブログサービスを提供するビッグローブに話を聞いてみました。

「ビッグローブのブログサービス『ウェブリブログ』は、ブログ名、ニックネームなどを登録するだけで簡単に始められます。ただし、ビッグローブの会員になっていただくことが必要なので、会員でない場合は住所や連絡先などの登録を先に行っていただきます。なお、会員登録は無料です。その後、ドメイン取得の作業に入ります。独自ドメインを取得するための専用ページが用意してあるので、そちらにアクセスしていただければ簡単にできるんですよ」(ビッグローブ 独自ドメイン担当 井上さん)

え、何か専門的な知識とかいらないんですか?
こちらはビッグローブの独自ドメインサービスのトップページ。真ん中にある入力ボックスで、希望するドメインがすでに利用されていないかを確認することができます
「いりません。まず、メールのアドレス変更と同じ要領で、希望するドメインがほかの人にすでに利用されていないかを調べる必要があります。指定された入力ボックスに希望するドメインを入力すれば、すぐに確認できます。そこで利用されていなければ、その場で申し込みができます。申し込みまでにかかる時間は15分ほどでしょうか」(井上さん)

なんと、15分ほどでできてしまうんですね。でも、ドメインを取得したらすぐ、そのドメインでブログを始められるんですか?

「申し込み後、すぐ利用できるドメインと、登録までに数日かかるドメインがありますね。例えば『.jp』ドメインの場合はすぐ利用できます。また、独自ドメインの取得とブログ作成を別業者でする場合は、細かい設定を自分でしなければなりません。ビッグローブの場合は、ブログサービスを持っているので、簡単な手続きで独自ドメインのブログが始められます。独自ドメインを使っているとブログに詳しい!上級者!というような印象を与えることができます。検索エンジンにも引っかかりやすいので、読んでもらえる機会が増える。多少お金はかかりますが、たくさんの人に自分のブログを読んでもらいたいなら、独自ドメインでブログを始めることをお勧めします」(井上さん)

メリットがいろいろあるうえに、意外と簡単に取得することができる独自ドメイン。自分でメールアドレスの「@(アットマーク)」以下の部分を好きなように決められたりと、ブログ以外にもメリットはたくさんあるようです。せっかく自分のブログを持つんだから、独自ドメインを取得して自分だけのブログにカスタマイズしちゃいましょう!

ドメインによって料金が違うのはなぜ?



ブログを始めるなら、URLも自分オリジナルにしたいと思いません?

それを実現するのが「独自ドメイン」。取得も簡単なうえに、独自ドメインでブログを運営すれば、検索エンジンの上位に表示されやすくなったりと、いろいろとメリットがあるみたいなんです。
イラスト/コットンズ よく見かけるのは『.jp』『.com』。このほかにも、日本を表すドメインが『.jp』であるように、イギリスの「.uk」、中国の「.cn」など、他の国や地域にもそれぞれのドメイン名があります。ドメインを見るだけで、なんとなく特徴がわかりますね。ドメインも、そのサイトを表現する手段のひとつなのです
でも、URLをよく見ると、最後の部分が「.jp」や「.com」「.net」など違いがあります。さらに、独自ドメインを取得しようとすると、これらの違いで金額が異なる場合も多いようです。これって何か理由があるんでしょうか?

「『.jp』『.com』『.net』など、ドメインの種類によって料金が違うのはドメインの登録条件や管理体制の違いがあるからなんです」と答えてくれたのは日本レジストリサービス(以下JPRS)の宇井隆晴さん。

JPRSとは『.jp』ドメインの登録、管理を行っている会社。指定事業者(代理店のようなもの)を通じてブログユーザーから申請される「○○○○.jp」というドメインを、JPRSが登録・管理、さらにドメインのデータベースの運用を行っています。つまり、『.jp』がつくドメインすべての管理を行っているのです。

「『.jp』がつくドメインは、『.com』『.net』などと違い、日本国内の個人や組織のみがドメイン登録の対象となっており、ドメインの登録者の情報確認などもきちんと行っています。また、当社をはじめ、全ての指定事業者が日本国内の会社なので、いつでも安心して日本語でサポートを受けられます。例えば、トラブルなどがあった場合、『.com』や『.net』といったドメイン名を使用していると、対応窓口が外国にあり、英語でやりとりしなくてはいけない場合があるんです」(宇井さん)

日頃のサービスはもちろん、トラブルのときや疑問があるときにきちんと日本語で対応してもらえるのは安心ですね。それに『.jp』は日本の組織や個人だけが登録できるドメイン。ブログやホームページを見ていても『.jp』だとなんだか信頼できそうな気がしますもんね。

あとあとのことを考えると、『.jp』ドメインが持つ安心感は、ドメイン選びの際に重要なポイントなのかもしれません。この信頼感はブログ運営においても必要なことかも。 今回は独自ドメインの取り方についての調査でした。

料金の違いにもいろいろな理由があったんですね。
でも、ネットの知識がないボクにとっては
簡単に取得できるって聞いてとても安心しました。

さてさて、どんなドメインをつけようかなぁ。
なんだか考えるだけでワクワクしてきます!

とはいえ、さっきから自分で
ドメイン、ドメインと言ってますけど
いったいドメインってなんなんでしょ?

というわけで、次回は
「ドメイン」について解明しちゃいます!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

ブレイクフォト