この秋冬に最新アイテムが続々登場!…

コスメの可能性を広げる新ワード “混ぜる”スキンケア&コスメってどんなもの?

2009.11.26 THU

コスメ業界にまったく新しいキーワードが登場。それは“混ぜる”美容。なんでも使う直前に、1剤と2剤を混ぜ合わせて、使用するものなのだとか。でも、なぜ今“混ぜる美容”がブーム? 美容エッセイストの錦織なつみさんに伺いました。
「日常のスキンケアやメイクでちょっぴりワクワクできる。そんな楽しさが求められているからかもしれません。混ぜることで感触が変化したり、思いもかけない色が生まれたり。新しい発見が期待できます。そんなふうに混ぜることで生み出される、意外性や面白さが大きな魅力なのだと思います」
混ぜるというエキサイティングな動作によって、スキンケアやメイクをする時間が楽しくなることも大きなポイント。
「資生堂のリバイタル グラナスは2つの基材を混ぜると、ググッとコクがでてきます。これをのばすとまとわりつくように広がって、なのにすぐにメイクをしてもヨレにくい。イグニスのマスクは付属のツールが気分を盛り上げ、プロのエステティシャンになったよう! アナ スイの口紅は、ほんの少しブラックを混ぜることで落ち着いた深みのあるカラーに変わり、オフィスに似合います。今後、“混ぜる”スキンケアやコスメは、 資生堂やイグニスのような“機能追求”と アナ スイのような“楽しみ訴求”の2方向にますます発展していくと思います。また、化粧品開発者の皆さんの頭脳に“混ぜる”という新たな項目がプラスされることによって、コスメはさらに無限の可能性を獲得したといえるでしょう」と錦織さん。“混ぜる”という動作が加わると、メイク&スキンケアもワクワクしますね。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト