自動車保険!ホントのところ

第7回 自動車保険の正しい選び方とは?

2010.01.18 MON

自動車保険!ホントのところ

自動車保険選び みんなはドコを見てるの?



自動車保険には、自賠責保険と任意保険の2種類がありますが、任意保険は必ず入らなければいけない自賠責保険と違って、当事者の自由意思によって加入する保険です。

前回まで、自動車保険についても調べてきましたが、“安さ”と“自分の都合に合わせて選べる”点に惹かれ、任意保険はダイレクト系で契約しよう! と思い立ったものの、たくさんある保険会社の中からどこを選べばいいのやら…。みんな、どうやって選んでいるんだろう?

というわけで、今回は、R25世代が何を重視して任意保険を選んでいるか調べるべく、クルマを所有しているR25世代の男性100人にアンケートを実施してみました!
ディーラーの勧めで加入した人が多いものの、意外と自分で保険を選択している人も多いよう。見習うべきですね ※クルマを所有している男性100人(23~34歳/未婚/全国)に対して行ったWebアンケートの調査結果より抜粋
まず、「現在入っている任意保険はどうやって選んだの?」という質問で、最も多かった回答が、「自動車購入時にディーラーの勧めで加入」(32%)。確かに、自分でリサーチして選ぶのって大変そうですし、ディーラーさんが選んでくれた保険なら安心な気もしますよね。

「とはいえ、勧められるままに保険の契約をしますと、より手厚い特約がたくさん付いていたりして、保険料が割高になる場合もあります。自分のカーライフや必要な条件をよく考え、保険は自分で選んだ方が納得感はありますね」

と教えてくれたのは、独立系ファイナンシャルプランナー集団・生活設計塾クルーの清水香さん。勧められるがままに入るのでは、ダメなんですか!?

「そうですね。レアなケースを補償するようなものも多いですし、特約といっても、補償内容が重複している場合もあります。そうなると、高い保険料を支払うことにもなりがちです。補償を絞りこめば、保険料は安く抑えられます」

確かに、保険料の金額は最も気になるポイント。アンケートでも「任意保険に加入する際に最も重視するポイントは?」という質問に対して、「保険料の安さ」と答えた人が92%(複数回答)、とダントツの1位でした。そのほかに多かった回答としては、「事故・故障時のサービス内容」「事故・故障時の対応や評判」など。やっぱりトラブル時の対応は皆さん気になるポイントのようですね。

「あと気になるのは、“とりあえず入っておけば大丈夫”と誤解している人も多いことですね。契約したら、あとは保険会社がすべて対処してくれる、と思ったら大間違いです。保険は、実際に事故が起きた時に役に立たなくては意味がないので、どういう状況でどういう対応をしてくれるのか、事前に保険会社に確認しておくことが大切です。保険内容を理解していないと、本来は請求できるのに、それに気づかないまま保険金をもらえずじまい…なんて事態にもなりかねません」

契約時はもちろん、契約後も内容をしっかり把握しておかなければダメってことですね。

「そのためには1つコツがあるんです。余計な特約はなるべく省き、シンプルな契約内容にすれば、請求漏れを予防できますし、保険料も安く抑えられて、一石二鳥です」

ディーラーや保険会社に勧められるままに加入するのではなく、しっかり自分で判断して任意保険を選ぼうと思います。

自動車保険は保険会社によって何が違うの?



「任意保険を選ぶ際に最も重視するポイント」としてアンケートでも上位にあがってきた「事故や故障を起こした際の保険会社の対応」という点も確かにすごく気になるところです。

保険会社選びの判断基準の一つが“顧客満足度”と呼ばれるアンケートや調査結果なんだそう。

「事故時のサービスや対応に対する被保険者の評価が “顧客満足度”です。これは、実際に自動車保険に加入している方を対象に、保険料や手続きの分かりやすさ、補償範囲の広さなど、様々な側面から調査し、保険会社を評価したものなんです」

と、教えてくれたのは、独立系ファイナンシャルプランナー集団・生活設計塾クルーの清水香さん。マイボイスコム(株)が調査した結果によると、顧客満足度のトップは2年連続で三井ダイレクト損保でした。やっぱり“顧客満足度”は高ければ高いだけいいの?

「もちろん“顧客満足度”の高さは事故にあったユーザーからの評価という意味で大事ですが、それだけでなくユーザーのコメント内容も重要です。コメントは、回答者の生の声なので、保険会社選びの参考になると思いますよ。同様に“生の声”という意味では、家族や知人の口コミも大切な情報源です」
イラスト/コットンズ 人身傷害補償保険で治療費はまかなえることが多いため、ケガの部位や程度によって保険金の額が定められている搭乗者傷害保険は必須ではなく、あくまで+αと考えるべきなんだそう
確かに“保険内容が分かりやすかった”とか“親切な対応をしてくれた”とか、被保険者目線での感想は、参考にしやすいですよね。

「大切なのは、契約時に事故時の対応などを聞いた際、すぐに答えてくれる保険会社を選ぶことです。具体的には、24時間対応の事故受付や現場急行サービスなど、どのような体制で事故処理を行っているかを聞いてみましょう。質問に対して素早く答えてくれる会社は、事故という予測がつかない出来事にも、スムーズに対応してくれるはずです」

なるほど。確かに、質問の回答にすら手間取るような会社に、事故処理を頼むのは不安ですよね。

「あとは、シンプルで分かりやすい保険内容を提示してくれる保険会社も、被保険者側の立場に立った親切な対応をしてくれると考えられます」

保険会社を選ぶには、ただ保険料や資料を眺めるだけじゃなく、家族や知人に顧客満足度やそのコメント、そして保険会社に聞いてみるなどと、生の声を聞く・集めるのが一番ってことですね! “不安だから、とりあえず入っとこう”
って思いながら保険を選んでましたが、
しっかり自分で内容を見極めて選ばないとダメだって分かりました。

そして、見極めるためには、
いろいろな人の話を聞くことが大事なんですね。

確かに、自分の独断で選ぶのは不安があるし、
実際に保険や保険会社を利用した人の声は説得力もあって、
保険を選ぶうえで重要な意見であることは間違いありません。

というわけで、まずは“顧客満足度”を調べて、
みんなの生の声をチェックしたいと思います!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

ブレイクフォト