実は、胴長&短足に見えない優秀アイテム!

この春注目のニューアイテム! 「サルエルデニム」の着こなしポイントとは?

2010.01.28 THU

数シーズン前から流行っていたけれど、なかなかトライしにくかったサルエルパンツ。実際はいたらモンペのように見えそう…。そんな悩みを解消する優れもの、サルエルデニムが今シーズン登場します。

「サルエルデニムとは、文字通り、デニム素材のサルエルパンツのこと。ハリのある生地だから、カットソーやレーヨン素材などのサルエルパンツに比べて、生地が落ちない=短足に見えにくいという点が最大の利点です。また、デニムなので、着こなしの幅もグンと広がります」

そう教えてくれたのは、スタイリストの横田彩さん。でもあの独特なシルエットをはきこなすのは相当難しいはず…。その着こなしポイントを伺いました。

「サルエルデニムの特徴は、ボリューミーな太もものライン。ここを隠すのではなく、あえて見せることが大事。かっちり気分のONモードには、短め丈のテーラードジャケットが強い味方です。クロップド丈のものなら、ジャケットの上にストールを重ねて、上半身を重くするとバランスがいい。ジャケットとパンプスを黒にし、引き締めるのを忘れずに」

ゆるい気分のOFFモードのときは、デニムシャツを合わせたリラックスコーディネイトがおすすめだとか。

「実は全身デニムという組み合わせは、パリコレでも発表されていた、旬なコーディネイトなんです。でもそのままだと抵抗がありますよね。なので、上からカーディガンを羽織って、デニムシャツはあくまでも少し覗かせる程度がベスト。サルエルのシルエットをキープしつつ、お腹回りを少し隠す丈がいい。もちろん普通のコットン素材のシャツでもOK」

意外と女性らしくオトナなシルエット。春先から早速活躍しそうですね。
(取材+文・小柳美佳)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト