ネット界の“旬”なニュースをお届け!

浜松市「レジ袋⇒ごみ袋禁止」でレジ袋談議は最高潮に

2010.01.27 WED

噂のネット事件簿


浜松市HP内の、「レジ袋⇒ゴミ袋禁止」を訴えるページ。「じゃあレジ袋はどうするの?」「なぜダメなの?」などの想定質問への回答も ※画像はスクリーンショットです
静岡県浜松市が1月20日付で発行した広報誌で、「今年4月からレジ袋をゴミ袋にするのを禁止する」と発表し、ネット上で議論が沸き起こっている。

広報誌によれば、浜松市は「ごみの減量や地球温暖化といった生活に密着した課題は、市民一人ひとりの協力が欠かせません」として、今年4月1日より「レジ袋をゴミ袋にすること」や「レジ袋をゴミ袋の内袋として使用すること」を禁止。これを破った場合、「ルール違反ごみとして取り扱うことを検討している」という。

たしかに国内での年間消費数300億枚ともいわれるレジ袋は、使い捨て文化の象徴のようにいわれることも多いが、正直レジ袋をごみ袋として使う人は少なくないはず。それゆえ、浜松市のこの積極的な環境対策に対してはネット上でも意見が紛糾し、

「反対の人は、ゴミ処理に費用がどのくらいかかっているか知るべき」
「レジ袋は時代遅れ」

と、浜松市の取り組みを評価する声もあるものの、

「どうやって生ごみを捨てろと」
「あれほど有効な使い方もないだろうに」
「ゴミを捨てるために、新たにゴミ袋を買って、それを燃やすとかww」
「他の自治体には飛び火しませんように」
「浜松オワタ」
「ユニークな意見ですね」

と、反対意見が圧倒的だ。

浜松市は、環境省が2005年に発表した「リサイクル率上位の市町村」で全国第8位(人口50万人以上の都市)に入っており、今回の措置により、費用にして年間およそ2000万円、CO2 排出量にして3400トンの削減が見込めるとしている。ネット上では否定的な意見が大勢を占めている「レジ袋⇒ゴミ袋禁止」だが、環境意識の高い浜松市のこの取り組みがどう実を結ぶのか注目が集まるところ。ネットでは「ゴミ袋をレジ袋にすればいい」という画期的な意見も寄せられている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト