オシャレに進化した「ノーアイロンシャツ」

ワイシャツの着こなしは「しわ」で決まるぞ!

2006.04.01 SAT

「やっぱり色は無難な白がいいよな」とか、「襟もノーマルでないとマズイかな」なんて。4月からの社会人生活を控え、今からワイシャツ選びに悩んでる人も結構いるかと思うのですが…ちょっと待ちたまえ。色や形も大切だけど、ビジネスマンのワイシャツには、それ以上に大事な“条件”がある、ということに気づいてましたか?

その条件とは、ズバリ「しわ」。いくら質のよいワイシャツだって、しわがよっていたのでは、もう台無し。入社早々に、だらしのないヤツなんてレッテルを貼られてしまっては、出世にも響きますってば。

そこでおススメしたいのが、近年進化の目覚ましい、いわゆるノーアイロンシャツなんです。かつては、「しわができないのはいいけど、質感もよくないし、形もあんまりパッとしない」なんて、正直オシャレなビジネスマンには敬遠されがちだったノーアイロンシャツですが、最近ではかなり事情が変わった模様。

「これまでのノーアイロンシャツは、化繊を混ぜたり織り方に工夫をするものが主流でしたから、質感はもちろん色や形にも制限がありました。しかし、当社が実現したような技術革新により、最近では繊維自体に“しわができにくい”加工ができるようになったので、綿100%でもノーアイロンシャツがつくれるようになったんです。さらに縫製技術の進化もあって、形の自由度もグンと広がっています」(日清紡 シャツ・テキスタイル課 加藤さん)

当然、普通のワイシャツよりは割高となるものの、クリーニング代や自分でアイロンをかける手間を考えると、費用対効果は十分。しかも、一日中着ていても、しわのない状態をキープできるってんだから、いくら残業したって…というか、飲み会がたとえ深夜に及んでも、キミの好印象をカッチリとキープできる、ってわけなんですよ。いまやワイシャツも機能で選ぶ時代。ここいちばんの勝負アイテムとして、こんなのどうですかね?
(石井シャツ郎)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト