ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ほしのあき 「W杯出場国を代表する美女」の日本代表に選ばれる

2010.02.08 MON

噂のネット事件簿


海外のファンは、ほしのが「生涯グラビア宣言」を行ったほどの肝っ玉の持ち主とはいざ知らず ※この画像はスクリーンショットです
32歳になった今でも年齢を感じさせないスタイルと童顔で世の男性を魅了し続けているのが、「ロリエロ隊長」ことタレントのほしのあき。そんなほしのあきが、海外サイトで「ホットな姉ちゃんたちのワールドカップ:出場国の美女たちをランク付け(The World Cup of Hot Chicks: Ranking the Women From Each Country)」の日本代表に選ばれている。

これは、海外のスポーツニュース専門サイト「Bleacher Report」の上級論説委員Mike McD氏が、ワールドカップ出場国のうち北朝鮮を除いた31カ国の美女を独断と偏見によりランキング化して発表したもの。

なぜ今回ほしのが選ばれたか不明だが、実はほしののルックスは、もともと日本のみならず海外の男性陣からも評価が高い。オンライン百科事典「Wikipedia」の「ほしのあき」についての項目は、日本語、英語、中国語、タイ語、フランス語、スペイン語、カタラン語の計7カ国語で執筆されている。これは、昨年の米・大リーグのワールドシリーズでMVPに輝いた松井秀喜選手の8カ国語に匹敵する驚異的な数字だ。

スペインのペネロペ・クルス(7位)や、ドイツのダイアン・クルーガー(5位)など、世界的人気を誇る女優たちがランクインした同ランキング。1位は、ブラジル出身のスーパーモデル、アドリアナ・リマで、ほしのは28位だった。

同記事のコメント欄には、ほしのを3位にすべきと指摘する者や、「オーマイゴッド!28位?ほしのあきは、俺が見た中でもっともホットなチックだぜ!」と憤りのコメントを残すユーザーの声も散見された。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト