今年に入って新店舗が続々オープン

海外発の“大判焼風”パンケーキにも注目! 自宅でおいしく上手に作れる基本テク

2010.04.22 THU

セレブもハマッたパンケーキで有名な「bills」が、2号店をオープンするなどパンケーキを出す海外発のお店が話題を呼んでいます。個性ある各店のなかでも注目なのは、渋谷駅西口コンコースにある「mr Bean」。シンガポールに55店舗もある人気店でこちらの豆乳を使ったパンケーキは、大判焼きのようなスタイルが特徴です。

海外では朝食のメニューとして定番のパンケーキを自宅で楽しむポイントが知りたい! そこで本誌連載『こってりレシピ』でもおなじみのフードコーディネーター、平岡淳子さんに聞きました。

「パンケーキの一番の魅力はバリエーションが豊富なところ。ワンプレートでフルーツと一緒にデザート感覚で作ったり、ベーコンやスクランブルエッグ、サラダなどを添えて食事にしても美味しいです。手作りの生地は市販のホットケーキの粉に比べ甘みも抑え気味であっさりとしているので、クリームや果物の甘みはしっかり付けるのがおすすめ」

朝からパンケーキっておしゃれだし、色々な食材をバランスよく摂れるうえに美味しそうですね。でも自宅で作るとなかなかきれいに作れないのですが…。

「上手に焼く際のコツは、焼く前にフライパンをしっかり温め、一度火を消してから生地を入れること。生地もおたまで均等になるように計り、1点に集中してフライパンに落とすと均等な大きさに丸く焼けますよ。今回ご紹介するレシピはふっくらと食べ応えがあり、ほんのり甘みのある生地にしました。クリームはヨーグルトとラム酒を加えたあっさりとした、少し大人の味です」

酸味と甘みがマッチした、くせになる味がたまりませんね。これをベースに自分仕様のトッピングも試してみます!
(取材+文・北本祐子)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト