オトコを深める“旬ワード”辞典

新聞ななめ読み『経済旬ワード』/第2回 なんだか貿易の話題が多いけど、最近何が起こっているの?

2011.03.01 TUE

オトコを深める“旬ワード”辞典

「TPP」で日本が根底から変化する!?



少ない資源と小さな国土で、世界を相手に急成長してきた日本。今や世界でも有数の経済大国としてのポジションを築いているわけですが、日本経済を支える貿易に今、大きな変化が起ころうとしているようです。実際何が起こっているのかを、経済アナリストの森永卓郎さんに聞いてみました。

「日本が『TPP』に入るのかどうか。この1点ですね。2010年10月に政府がTPPへの参加検討を発表してから、各方面で大きな騒ぎになっています」

出ました! キーワードは「TPP」。新聞・ニュースでも最近出てくる、アレですよね…(と、さっそく検索)。「TPP」とは「環太平洋戦略的経済連携協定」の略称で、貿易自由化を目指す経済的な枠組みのこと。アメリカ、オーストラリア、マレーシア、ベトナム、チリなど9カ国が加盟・加盟予定となっており、今後も参加国は増える方向にあるようです。要するに加盟国間で取引される全品目において関税を原則100%撤廃しよう! というもの。と聞くと、すばらしい枠組みじゃないかと思うのですが…!?

「内閣府は『輸入品が安くなるので消費者がメリットを受けGDPが上昇する』、経済産業省は『TPPに参加しないと、現加盟国とは勝負にならない。特に自動車の輸出において大きなダメージを受けてしまう』という結果を出しています。確かにここまでを見るとTPPに入るべきだと言える試算内容なのですが、問題は農林水産省の試算結果なんです」

そういえば「TPPで農業がなくなる!?」なんてニュースを見たことがあるような。一体農業にはどんな影響があるんですか?

「これまで日本の貿易は、世界各国と『FTA(自由貿易協定)』などの貿易協定を結びながら行われてきました。FTAなどは基本的には2国間で結ばれる協定なので、お互いのメリットを守るために品目ごとの細かい取り決めがやりやすいわけです。ですがTPPに変わると、そういった取り決めをTPP加盟国すべてで統一しなければならず、ひとつの国が自国のメリットを追求するのはとても困難となります。日本にとって最も大きな問題となるのはお米で、TPPに加入した場合、海外のお米が安く日本に入ってくる。つまり、輸入食料によって国内産の食料が壊滅的な被害を受けることが予測されるわけです」

そ、そうか。日本が輸出する際のメリットばかりを考えていたけど、逆に相手国がそのメリットを享受することもあるわけですよね。では関税がなくなった場合、輸入米はどれくらいの価格で入ってくるものなのでしょうか?
安くておいしい食品には興味があるけど、美しい日本の様々な自然の風景がなくなってしまうのは…。「TTP」加入によって、日本の国土にも大きな影響が!?
「TPPに加盟した場合、海外のお米がおよそ10キロ1000円くらいで店頭に並ぶことも考えられますね。『国産米のブランド力があるから大丈夫!』という意見もありますが、この安さだと輸入米を選ぶ消費者も多く出てくるのではないでしょうか。農林水産省の推計でも、米・小麦・砂糖・チーズやバターなど、国内の19品目が大きなダメージを受けるという予想が出ています。約40%だった日本の食料自給率(カロリーベース)が約14%に落ち込むという推計も出ているんです」

もしその推計通りになるとしたら、それは大変な事態ですね。他人事ではなく、TPP参加によってそんな大きな変化があるとは…。

「もちろん何かしらの対処はするはずですが、今(2011年2月現在)のところ具体的な対策は発表されていません。木材は輸入規制をしなかったために日本の林業が衰退し、管理されなくなったことで荒れ果てた山が多くなりました。TPPへの参加により、これと同様の影響が日本中の田畑で起きるのではないかと思っています。これは日本の経済だけでなく『国土の命運がどうなるか』という問題なんです」

「風が吹けば、桶屋がもうかる」なんていいますが、ひとつの変化は良くも悪くも大きな問題に発展する可能性があるんですね。日本の貿易がどうなるのか、そして日本の国土がどうなるのか。日本に住む者として、この「TPP」の行く末は注目です! 投稿募集はこちら これまでは「貿易」と聞いても、あまり真剣に考えることはなかったけど、そこには自分に直結した様々な問題が…。日本に生きる上で「TPP」は自分の問題でもある! 単なるニュースと流さずに、その動向が示す意味をしっかり見定めよう。


皆さんの投稿を募集中!
右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト