仕事のブレイクにちょうどいい

「スターバックスディスカバリーズ バニラモカ」が美味い!

2011.03.03 THU


日本生まれのディスカバリーズシリーズは、世界に展開中。お店で飲むような新鮮な味わいが特徴だ。この春デビューの「バニラモカ」は、チョコとバニラといえども甘さスッキリ。洗練されたデザインがオフィスになじむハズ。中谷さんいわく「男女問わずオススメできますが、特に男性に試していただきたいですね」。実際に飲んでみると、バニラとコーヒーの割合がほどよく、男女問わず美味しく飲めるハズだ
仕事の合間にちょっとブレイク! というと、やはりコーヒーが思い浮かぶはず。なかでもコンビニなどで手軽に買えるスターバックス・ディスカバリーズシリーズは若手ビジネスパーソンにも高い人気を誇る。その新商品が発売されると聞いて、担当者に開発秘話を直撃してみた。そこには、僕らの想像を超えた手間暇とこだわりが隠されていたのだ。

「スターバックスディスカバリーズでは、季節ごとに限定フレーバーの新作をリリースしていますが、ひとつの商品を完成するまでに長い時間を掛けるんです。目指す味わいに向けて工夫を重ね、試行錯誤を繰り返す。この春の『バニラモカ』なら、春先の忙しいときに、モカの深い甘みとバニラのフレーバーでフワッと心を休めていただけるよう、甘すぎ軽すぎずちょうどよいバランスを工夫しました」

と語るのは、スターバックスのプロダクトマネージャー・中谷謙太郎さん。ひとくちに「工夫」といえど、そのこだわりたるや並大抵ではない。特に今回は、お店で出すものと同じエスプレッソローストの豆とチョコレート、そしてバニラフレーバーの最適な組み合わせを徹底的に研究したという。

「ディスカバリーズは、毎回、スターバックスが世界中に持つノウハウやフレーバーを持ち寄って作ります。初期の段階ではシアトルの担当者が試作し、日本の我々が試飲。それをフィードバックして調整し、また試飲…。これをチームみんなが納得できる仕上がりになるまで繰り返します。『スターバックスらしい高いクオリティ』といえる味わいが実現できるまで、日米のチームがコミュニケーションを重ねるんです」(RTDマーケティング担当・鎌田滋之さん)

ちなみにその「クオリティ」とは、全世界のスターバックス社員が持つ共通感覚。それは豆とフレーバーの最適な組み合わせであり、言葉では説明しきれない大切な資産なのだ。ただひとつ、間違いなくいえるのは「おいしい」ということ。そのゴールをめざして数え切れないほど試飲をする。もちろん味わいだけじゃない。パッケージデザインも熟考を重ねるという。

「これもシアトルで作っているんですが、味わい同様、彼らが作ったものが日本に合うかどうかトライ&エラーの繰り返しです。難しい作業ではありますが、スターバックスのクオリティを共有しているデザイナーの手仕事なので、いいものができるんですよ」(中谷さん)

ちなみに「バニラモカ」のデザインは、メキシコのテキスタイルがモチーフ。実は味わいも含めたコンセプト自体がそこに由来するのだという。

「実は、古代マヤ文明が栄えたユカタン半島では古くからバニラの香りづけをしたココアが飲まれていました。その歴史にインスピレーションを受け、開発が始まったんです。このシリーズには、そういったストーリーがかかせないんですよ」(中谷さん)

ディスカバリーズ=発見! そんなストーリーも深い味わいのひとつなのだ。この春は仕事のブレイクついでに、そんな発見を味わってみてはいかがだろうか。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト