出会いは増える? どこで出会う?

危険な罠にご用心! 社会人恋愛の実態は?

2011.03.01 TUE



画像提供/AFLO
就職で新しい環境に飛び込めば新たな恋のチャンスが待っている! なんて浮かれるのも春だからOKとして、素朴なギモン。社会人はどこでどうやって“出会い”をゲットしているのか? ウェブサイト「恋愛専門ドットコム」で1万人以上から恋愛相談を受けたぐっどうぃる博士に聞いた。

「現在の社会人の主な出会いの場は、第一に職場、次いで合コンですね。学生のころより出会いの場が減ったという人が多いです」

博士によると、社会人の出会いの場は相性を見極める時間の長さで「短期」と「長期」に分類され、人により向き不向きがあるそう。

「短期の場の代表が合コン。2時間ぐらいの短い時間の中で、見た目やトークで勝負する場です」

合コンは学生時代にたいてい経験済みだろうけど、顔もトークも自信がなくて苦手、なんて人もいるはず。社会人にはそんな人にうれしい出会いの場があるのだ。

「それが長期の場の筆頭、職場です。仕事の能力や誠実さなど、長く一緒にいるとわかる魅力で評価される場で、社会人サークルや各種スクールなども該当しますね」

仕事に求められる要素に真面目さやひたむきさなどが挙げられるが、これらは恋愛でも好評価。また長期間、仕事で優しく接したり、助けたりすれば、女性の心をつかめることも多いそう。ただ留意したいのは、最もNG事例が多く、リスクが高いのも職場だということ。

「本人は気づいていなくても人同士のつながりが濃く、さらに恋愛関係の情報は誰もが興味を持つため、その場に所属するすべての人に伝わりやすい。加えて、若い人がやりがちなNG事例が、複数の女の子にアタックすること。女性の情報ネットワークを軽んじるとすぐにバレ、信用を失います。同じチームの人との恋愛も避けたい。プロジェクトと彼女の板ばさみになる事態が非常に多く、要注意!」

ヒエーッ。地に足つけて臨みます!
(佐藤太志/GRINGO&Co.)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト