高嶺の花にも意外にチャンスあり

攻略の糸口を探せ! 職業別“合コン相性”診断

2011.03.25 FRI



イラスト/沼田健
R25世代なら合コンに参加する機会も多いはず! でも、やみくもに参加したところで付き合える確率って低い気が…。それに、万が一憧れのCAや女子アナと合コンできてもどうせ相手にされないだろうし…(遠い目)。

「そんなことないですよ。実は、職業には相性があるんです」

とはマーケティングライターの牛窪恵さん。ど、どういうこと?

「CAや女子アナは、高収入で仕事に対する向上心の強い女性が多いため『自分の仕事を尊重してくれるかどうか』を重視します。なので、時間に余裕があり、女性側に合わせやすい公務員などは相性がいいですね。逆に、頻繁に海外へ出張していて社会情勢に詳しい商社マンなども、共通の話題が多く価値観が合うみたいです」

高嶺の花も意外とチャンスあるんだ! というわけで、「合コンをしたい業種ランキング」(COBS ONLINE調べ)で、同率1位だった航空(CAなど)、マスコミ(女子アナなど)に次いで人気の職業についても聞いてみた。

「3位の学校・教育(教師など)や、4位の医療(看護士、医師など)に就く女性は、仕事で外部の人と接する機会が極端に少なく『自分が触れることのない世界を見たい』という願望が強い傾向にあります。なので、マスコミ関係や広告業など常に新しい情報を持っている男性を好むようです」

また、上記と同じくランキング上位だった銀行員(同率4位)は、仕事柄、消費グセのある人に苦手意識があるため、行政書士などの資格を持つ堅実な男性に惹かれるとか。しかも牛窪さんによれば、

「職業同士の相性が良くなかったとしても、会話のなかで『接客する機会が多い』『時間が不規則』など、相手と共通しそうな業務内容に触れ“共感”を得るだけでも好感度アップにつながりますよ」とのこと。

なんだか勇気が持てました! 早速セッティング頑張ります!
(浜松あきお/short cut)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト