OFFで役立つグッズ!

コードレスだからちょこちょこ掃除できる強力サイクロン掃除機

2011.06.09 THU


サイズは217×205×1224mmで、集じん能力は0.35リットル。フル充電時で運転時間は通常運転モードで15分間。別売りのアタッチメントを使えばハンディタイプのクリーナーにも変身する
一人暮らしをしている男性ビジネスマンにとって、「これは買ってもいいものかどうなのか」頭を悩ませるのが掃除機ではないでしょうか。部屋はそんなに広くもないけど、掃除機がないと塵やホコリが溜まる一方。とはいえ大げさな掃除機は保管場所が取られるし、いちいち取り出してコードをつないで…と手順を考えただけでも使わなくなりそうです。

そんな人に、と優れたデザインのサイクロンクリーナーで有名なダイソンのDC35 マルチフロアはいかがでしょうか。

DC35は、コードレスの軽量ハンディクリーナーとしてすでに発売されているDC61やDC31のボディに、長いパイプを取り付けて床掃除もできるようにしたスティック型の掃除機です。

ダイソンのサイクロンクリーナー譲りのパワフルな吸引力はそのままに、充電池を内蔵してコードレス化したので、部屋の汚れが気になった時にすぐ持ち出してさっと掃除機をかけることができます。

しかも充電ドックと固定スタンドを兼ねる収納用ブラケットを壁に設置すれば(要ボルト固定)、DC35本体を壁にかけて「飾っておく(?)」こともできるのです。本来なら掃除機なんて目に入るところに置いておきたくないものですが、ダイソンのデザインならあえて「見せたい」のが男心ではないでしょうか。

実際に周囲で愛用している人の意見を聞いたのですが、とにかく何かのついでにちょこちょこと掃除できるのが一番のメリットだと言っておりました。ティッシュや毛玉取りのコロコロみたいな感覚で、自分がよくいるスペースに置いておけば、おのずと部屋が綺麗に保たれるかもしれませんね。
(熊山 准)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト