節電のためだけじゃない!

ゆらぎでリラックスにもなる この夏、“キャンドル・ナイト”で癒やされてみる?

2011.06.23 THU


約50種類もの香りを揃えるアメリカのフレグランスブランド「YANKEE CANDLE」シリーズ。ジャータイプは、ガラスシェードを付ければ明るさアップ。
カメヤマキャンドルハウス http://www.kameyama-candle.jp/ec/shop/
震災の影響でキャンドルが売れ、その後も節電の影響で注目が高まっているとか。カメヤマキャンドルハウス 三浦茉莉さんによると、明るいだけではなくうれしい心理効果があるのだそう。

「キャンドルの火は、リズミカルなのにちょっと不規則な『1/fゆらぎ』。川のせせらぎや心臓の鼓動と同じ種類で、癒やし効果があるといわれています。直接炎を見なくても、周りの物に映るゆらぎを感じていれば、脳からアルファ波が出てリラックスしてきますよ」

確かに、レストランなどでキャンドルが灯っていると穏やかな気持ちになりますね。おすすめの使い方ってありますか?

「例えば、彼氏や友達とケンカした後や、大事な話があるときにそっと置いてみると効果的では? キャンドルがあるとギスギスした雰囲気にならない、という声もよく聞きますし、計画停電をきっかけに使い始め、夫婦の会話が生まれた、という方もいたそうです。また、女性は香りが好きですから、アロマキャンドルもおすすめ。映画を観るとき、テーマに合わせて香りを使い分けると気分が高まりますよ」

ちなみに、食事のときには、食べものの香りと混ざらないように無香料のものがベストだとか。この夏は、過ごし方に合わせてキャンドルをセレクトして、“キャンドル・ナイト”を満喫すべし!
(栃尾江美/アバンギャルド)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト