オリジナルドリンクをいつも手元に!

節電&エコなうえに節約にも! マイボトルに入れるマイドリンクを作ってみた

2011.07.28 THU


写真は、メイプルアイスティー。アールグレイのティーバッグ(2つ)を熱湯で入れて、氷で冷やし、メイプルシロップを入れるだけ。上品ないい香り!
最近、水筒やタンブラーなどのマイボトルを持ち歩く人が増えてますが、中には何を入れていますか? 定番の麦茶やアイスコーヒーもいいけど、せっかくなのでいろんなドリンクを持ち歩きたい、しかもお金をかけずに! 

そこで料理研究家の島本美由紀さんに、簡単においしく作れる夏のドリンクレシピを教わりました。

まず「スポーツドリンク」は、ミネラルウォーター(300ml)に、砂糖(大1)、塩(小1/4)、レモン汁(小1/2~1)を少量ずつ混ぜ合わせるだけ。島本さんいわく「砂糖の代わりに蜂蜜でもOK。体に吸収されやすいので、即効性がありますよ」。市販のスポーツドリンクとは多少味が違うけど、ゴクゴク飲みやすい! 外出する時やスポーツをする時の熱中症対策として覚えておくとよさそう。

もう一品は、「ジンジャーグリーンティー」。緑茶のティーバッグ(2つ)に熱湯(150ml)を入れて2分蒸らしたら氷で一気に冷やし、しょうがのすりおろし(チューブなど)を好みの量加えてよく混ぜ合わせる、これだけ。「緑茶やしょうがには心身の疲れを癒やし、温める効果があるので、エアコンで冷えた体にぴったりです」と島本さんが言うように、飲むと体がじんわり温まる感じ。冷え性女子にオススメです。

節約なだけじゃなく、健康にもいいドリンク作り。自分なりにアレンジして、オリジナルドリンクを開発してみるのもいいかも。
(取材+文 衣山 泉)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト