発売ラッシュの秋冬コスメ!

今季のメイクトレンドに異変アリ?! 「派手色」カラーと「ヌケ感」の法則とは?

2011.09.01 THU


オレンジをアイホールにさっとぼかして、ブラウンで目の際を引き締めて。ケイト ワイドエッジアイズ BR-1 1,680円/カネボウ化粧品
ちょうど今ごろから秋冬コスメが発売されますよね。今年はトレンドに異変アリ! パープル、オレンジ、ネイビーなど鮮やかなカラーが登場。ベーシックなブラウン系とも相性がいいのですが、鮮やかなカラーを使いこなすにはちょっと難しそう…。そこで、トレンドメイクに詳しい、ヘアメイクアップアーティスト、Yuryさんにお聞きしました!

「コレクションのメイクのように、まぶた全体にべったり塗るのはNG! 例えば、カラーアイライナーを目の際にすっと引くだけで、さりげなく派手色を主張できますよ。アイシャドウなら、目尻側だけに少しのせるぐらいで、十分、旬な顔にスイッチできます」(Yuryさん)。

春夏コスメも派手色カラーが多かったように思いますが、やっぱり買い換えるべきなんですか?

「ラメやパールが春夏よりも細かく、ツヤ感も上品な感じに変わってきているので、ここで買っておくと長く使えると思います。一見、同じように見える色でも、塗ってみると秋冬らしいマットな質感のものもあります」。確かに、アイシャドウも口紅も質感が違うだけで、印象がだいぶ変わりますよね。

では、今季は目元と口元、どちらが主役になるのでしょうか?

「どちらが主役というよりも、どちらを主役にしたいか、ということです。目元を主役にするなら口元を控えめに、口元を主役にするなら、目元は控えめに。主役を決めて、ベースをマットな肌に仕上げ、主役としたいパーツから塗りはじめましょう。そうすると、メイクが濃くなりすぎるのを防ぐことができます。完璧に作りこまず、ヌケ感のあるバランスが秋冬メイクのポイントですよ!」。さて、何色のコスメを探しにいきますか?
(取材・文/夏目 円)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト