オトコを深める“旬ワード”辞典

仕事着センスアップ大作戦/第3回 知ってる!? スーツの常識・非常識

2011.10.03 MON

オトコを深める“旬ワード”辞典

これはNG! スーツの着こなしにご注意を!



自分は気にならなくても、相手に不快な思いをさせないよう、しっかり守りたいルールやマナー。ちょっとしたミスで「常識がない」なんて印象を持たれてしまってはもったいない。社会人として名刺の渡し方やあいさつの仕方などには自信があっても、着こなしのマナーは勉強不足という人も多いのでは? スタイリストの中村剛さんに、スーツにまつわる様々な常識を聞いてきました。

「ありがちなところでいうと、ジャケットのボタンをすべて留めるのはNGという点。3つボタンや2つボタンなど、ジャケットのデザインによって違うのでは? と思っている人が少なくないようですが、ジャケットのデザインにかかわらず、一番下のボタンは外しておくのが正解です。その理由は、すべてのボタンを留めてしまうと、スーツにしわが寄ってしまうからです」

街中を見回すと、スーツのボタンの留め方は人それぞれ…。でもやっぱりキレイに見せるための留め方というのがあるんですね。では、気になるポケットの上のヒラヒラは?

「ジャケットのポケットについているヒラヒラは、ゴミやほこりが入らないためのフタ。そのため屋内で着る前提で作られたタキシードにはフタがついていないわけです。つまり屋外では出すのが基本といえます。でも現在では、あえてポケットの中に入れて、カジュアルに着こなす人もいるので、決められたルールがあるわけではありません」
「ジャケパンスタイルなら合わせられる場合もありますが、ONスタイルに白の靴下は避けましょう。靴下は靴かパンツにカラーのトーンを合わせて、控えめに」(中村さん) イラスト/今井ヨージ
なるほど! 長年のモヤモヤが解消された人も多いのでは? 最後に、ファッション的にNGな着こなしを教えてください!

「常識といえるかも知れませんが、まず気をつけて欲しいのはサイズです。大事な身だしなみの1つで『肩幅が余っている』『ジャケットの袖からシャツの袖が出すぎている』など、サイズが合っていないだけで、だらしない印象になってしまいます。シルエットをキレイに見せるためにも、自分のジャストサイズをしっかり選びましょう」

確かに、ササッと選んで、買ってから「あれ、サイズが…」なんてこともありますよね。

「男性は試着を嫌がる人が多いですが、スーツはブランドによってサイズが異なる場合が多いので、試着は絶対です! 恥ずかしがらず積極的にショップスタッフにアドバイスを求めましょう。また、ベルト・靴・バッグのカラーを合わせておけば、色合わせで大きく失敗することはないので、ルールに縛られず自分の好みでコーディネイトを楽しみましょう」

分かりました。ちなみに、スーツを軸にして、ネクタイ、シャツの順番で色合わせを考えていくと、コーデがまとまりやすいとのこと! ルールや基本テクを知って、ファッションを積極的に楽しみましょう! 投稿募集はこちら ジャケットのボタンの留め方やポケット「ヒラヒラ」の扱い方など、スーツの着こなしの基本を今一度知っておこう。豆知識として覚えておけば、話のネタにもなるかも!?



皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

オトコを深める“旬ワード”辞典の記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト