オトコの”毛トレンド”調査隊

第4回 本当は怖い『ヒゲ剃り失敗』実話集

2011.11.21 MON

オトコの”毛トレンド”調査隊

女子は“ヒゲ剃りの失敗”を許さない! ツルツル肌キメシェーバーが必須!



まず、ボクたち男子が体験してきた“剃り残し”をアンケート調査(対象:全国の22~39歳の男性500人・フィリップス社調べ)。「自分のヒゲで剃りにくいパーツは?」の問いに対し、実に72.4%の男性が「アゴのヒゲ」と回答。確かにアゴの下は一番チェックしにくいポイント。「きちんと剃ったつもりが。1本だけ残っていたときにはガッカリ」「上司に“たるんでいる!”と注意された」「出先で気づいてコンビニでヒゲソリを買って剃ったことが多々」などのコメントも。

また、剃り残しのないキレイなアゴを目指して一生懸命に剃ったものの「失敗してワイシャツが血まみれになった」「毎日力いっぱい剃っていたらアゴがヒリヒリした」など、思わず『あるある!』とうなずいてしまう失敗談も。見た目のダウンだけでなく、自分の肌にとってもツライ…そんな現状が見えてきます。
いくら服装などの身だしなみに気を使っても、剃り残しやミスがあるだけで台無しになることも!? ボクらが思っている以上に女性たちは見ているのです! ご注意を イラスト/ハマダミノル
「でもまあ、仕方ないよね」なんて、笑っているアナタ、そんな場合じゃないですよ! なんと女性は全体の65%が「男子の剃り残しに気づいたことがある」と回答(対象:全国の22~39歳の女性500人・フィリップス社調べ)。ボクたちが考えている以上に、ボクたちの顔はすみずみまで女性の鋭い視線にさらされているのです。

そんなヒゲ剃りの失敗を発見した女性たちの感想はというと、「がっかりした」「台無しだと思った」「幻滅した」「冷めた」と、かな~り厳しいコメントの数々…。さらに「親に紹介したくない」「嫌悪感を持つ」という回答もあり、背筋にヒヤっと冷たいものが走ります…。また、女性全体の6割以上(60.6%)は剃り残しを“なし!”と答えており、これは一刻も早く対処しないと「失格」の烙印を押されかねません!

もちろん男子だって、日々悩まされています。「アゴの中で剃りにくい部分は?」(複数回答)の質問に対し「アゴ裏からノド仏にかけて」(63%)、「ほほ骨から首にかけて」(55.2%)、「アゴの先端」(26.2%)との結果に。特に顔の曲線部分は難しいですよね。

さらに「アゴのヒゲを深剃りしようとして肌を傷つけ、血が出てしまうことはある?」の質問には、約6割の男性たちが「血が出る」と回答(「ごくまれに」=39.6%/「頻繁に」=12.6%/「いつも」=6.4%)。

そんなことがあると、不快感を感じるだけではなく、ジブンらしくふるまえなくなってしまう…。それらを回避しつつ、女性目線に対処するため(=モテるため)にも、手軽に、お肌に優しく、そしてツルツルに剃ることができるシェーバー選びは必須! さあ、ヒゲ剃りの失敗のないキレイなキメ肌で差をつけよう! 投稿募集はこちら 男子が思っている以上に、女性は“ヒゲ剃りの失敗”をつぶさに観察していることが判明。しかも“剃り残し男子”への感想は辛らつでした…。これは早急に手を打つ必要アリ。モテるためには剃り残しはもちろんのこと、毎日の肌ケアも重要な要素。そんなアナタには“肌キメシェーバー”が必須アイテム!

皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト