“BIGなマネー”のつかみ方

第4回 買えば当たる!?『BIG』的中の秘策

2012.03.22 THU

“BIGなマネー”のつかみ方


過去のデータやBIGマンを信じるも信じないも、アナタ次第。でも、とにかく買わないと何にも起こりませんよ! イラスト/室木おすし

6億円当せんには、こんなパターンが!



「1億円あったら何しよう…」って、妄想をするだけでも楽しいですよね。最高6億円くじ「BIG」を買えばその6倍=6億円分の妄想ができるかも。でももちろん、妄想しているだけではお金は手に入らない。そこで夢を現実にするために、過去に「BIG」で1等を当てた人たちのデータを調査してみました!

これまで「BIG」の6億円当せん者がくじを購入した曜日で、最も多いのが土曜日。その数なんと34本! 次いで金曜日の29本、木曜日の23本と続く。曜日ごとの販売本数が異なるため一概にはいえないが、購入する際の参考にしたいところ。

また、6億円を当てた人が一度に購入した口数を調べてみると、10口以上買ったケースが83人。2位は「5口」で27人、3位は「3口」で24人と、1位との大きな差が見られます。さらに、1等6億円が出た購入時間帯は、1位が10時台で18本、2位が11・16時台で各13本、3位は12・18時で各11本となっています。

BIGマークのお店やコンビニ、インターネットなどで購入できる「BIG」ですが、6億円当せんが最も多く出ているのは「BIGマークのお店」なのだとか(41本)。とまあ、1等がたくさん出ているケースがわかったところで、次はどんな人が6億円を当てたのかを調べてみました。

星座別で見ると、過去6億円を当てた人に多かったのは、おとめ座が20本で1位。そのほか、かに座が17本で2位、牡牛座が16本で3位という結果に。さらに6億円当せん者のイニシャルでは、名字の1位は「M」で22本、「K」が19本で2位、「T」が16本で3位。そして名前のイニシャルは、1位「K」の26本、2位「Y」で22本、3位「H」「M」で各21本とのこと。自分や仲のいい人のイニシャルに関連していると、ドキドキしますね!

様々な6億円当せん者の傾向が見えてきましたが、CMなどで見かける正体不明の男“BIGマン”が語っている最大の秘策は「なんと! 当たりたいなら買うしかない!」。当たり前ですが、でも、当せんした人たちは「BIG」にチャレンジしたからこそ、BIGマネーを手にすることができたわけで…。そうなると、やっぱり買わなきゃ始まらないのだ!

1口300円で気軽にチャレンジできる「BIG」。自分の最も手軽な場所・方法で、まずは購入してみてはいかがだろう?

*掲載のデータは、2006~2011年シーズンのBIG1等6億円当せんの累計データに基づいております。
出典:独立行政法人日本スポーツ振興センター『6億円当せんデータ集』 投稿募集はこちら 過去のデータをまとめると、木曜日以降の、お腹が減っている時間帯に、10口以上購入すると、最大6億円のチャンスが!? BIGマンを信じて、キミもチャレンジしてみては?

皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト