「シストレ」資産運用講座

第1回 時間も知識もないボクらの強い味方 「シストレ」!?

2012.07.31 TUE

「シストレ」資産運用講座

資産運用の新たなブーム「シストレ」をチェック!



大事な虎の子を扱う資産運用は、失敗しないよう、しっかりとスタートさせたいのが本音。FXにしろ、株式投資にしろ、きちんとトレードを成立させるためには、モニターに向かって為替や株価の動向を監視するのが基本です。でも、仕事はもちろん、プライベートも何かと忙しいR25世代にとって、資産運用のためにまとまった時間を作るというのは、ちょっと難しそう。また商品や相場についてなかなか勉強できず、知識もあまりない人も多そうです。そんな現状があってか、近年、人気を集めているのが「シストレ」です。
仕事や遊びで、なにかと忙しいR25世代。時間もお金も大事にしたい年頃だからこそ、効率良く使うためのツールが欲しいところ…。
「シストレ」とは、システムトレードの略で、一定のルールに従って売買を行う投資の手法の1つ。具体的にいうと、今まで自分の判断で行なっていたFXや株などのトレードを一定のルールに従って自動的にやってしまおうというものです。米国では、すでにメジャーな投資手法で、日本でも、FXを中心にこのスタイルの人気が高まりを見せ、現在、多くの金融機関が「シストレ」のサービスをスタートさせています。その一定のルールを売買戦略といいます。

「シストレ」には、大きく分けて2つの自動売買方法があります。自分で考えた売買戦略をプログラミングして、自動売買を行う「開発型」と、用意された売買戦略から好きなものを選び、自動売買を行う「選択型」です。前者の「開発型」は、自分で戦略を立ててプログラミングする必要があるため、安定した自動売買を行うには、それなりの経験と知識が必要になります。一方、後者の「選択型」は、すでに取引ツールに搭載されたプロの戦略を選ぶだけで自動売買がスタートするので、専門知識に乏しく、多忙な運用ビギナーでも簡単に始められるという特徴があります。その上、24時間自動で売買を行えることもあって、今「選択型のFXシストレ」が、人気と注目を集めているのだとか!

実際に日本でできる「選択型のFXシストレ」を調べてみると、「ミラートレーダー」という取引ツールを採用している会社が多く、「日本におけるMirror Trader 取扱業者中口座数No.1」(Mirror Trader開発元のTradency社調べ)として、インヴァスト証券の『シストレ24』というサービスを発見。なんと、サービス開始から約半年で2万口座を達成したのだとか!

人気の理由は、豊富なストラテジーを無料で使えるミラートレーダーの採用にあります。中でも、インヴァスト証券の『シストレ24』は、国内外のプロが作った500種類以上のストラテジー(売買戦略)を搭載し、さらに操作は簡単、手数料はすべて無料ということらしい。安定した運用をするための、長い経験と深い知識によるノウハウの結集を利用できるのが大きなメリットのようです。

好みのストラテジーを選ぶだけで、仕事をしている時も、遊んでいる時も、売買を自動で行なってくれる『シストレ24』なら、忙しくて投資に時間を費やすことができないと思っていた人でも、資産運用の第一歩をスタートできるかもしれませんよ! 皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト