OFFで役立つ!

8本足の生物的なケータイスタンド

2012.07.28 SAT


スパイダーポディウムにガジェットを載せると、まるでガジェットから足が生えているかのように見えて、このまま歩き出しそうな感じ。足を自由に変形できるので、不安定な場所では、床面に沿って足を這うよう形作ると安定させやすい
最近、筆者の机の上にすみついている、白い8本足のヤツがいる。八方に広がった長細い足は、金属の芯をシリコンで包んだ構造になっていて自由自在に変形する。

見ようによってはちょっとグロテスクで、今にも何かにしがみつきそうな姿をしたコイツの名前は「スパイダーポディウム」。変形する足を利用して、携帯電話からiPhoneにデジカメまで、なんでもかんでも載っけてしまえる多目的スタンドだ。

ガジェットによっては専用のスタンドもあるけど、多くは縦向きか横向きのどちらかでしか置くことができない。スパイダーポディウムなら縦向きでも横向きでも自在に変形させて、状況に合わせて臨機応変に対応できる。

たとえば携帯電話やiPhone、iPod touchなどで、ワンセグ放送や動画ファイルを見るとき、スパイダーポディウムをグニグニと変形させて、自分が見やすい角度と高さに仕立て上げれば、ほらラクチン。

足が8本もあるおかげで、バランスを取ればニンテンドーDS Liteくらいまでの大きさと重量なら問題なく載っけられるし、足をフックに引っかければ軽いアイテムなら壁にぶら下げることだってできる。

コンパクトデジカメくらいなら三脚替わりに使うだけじゃなくて、“腕”としてデジカメをぶら下げるように保持するなんて使い方も。そのほかTVなどのリモコン・スタンドやお気に入りの写真やポストカードを載っけるなんてアナログな用途もちろんOK。

とにかく汎用性が高いので、まずは買ってから使い道を考えてみるのもありかもね。
(青山祐輔)

※この記事は2010年7月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト