OFFで役立つグッズ!

プロアスリート愛用の空気マットレス

2012.10.01 MON


サイズは幅100×長さ195×厚さ6.5cm(シングル)。販売元のウィーヴァジャパンは、もともと樹脂製の糸やネットなどの製造装置メーカー。機械の調整段階で絡まった糸状の樹脂から、エアウィーヴのヒントを得たのだとか。写真は最高級品だが、少し薄めの「エアウィーヴライト」も3万8850円で販売されている
朝起きてもなんだか疲れがとれない…。少ない睡眠時間でがんばるビジネスマンに、快適な眠りは重要なポイントです。そんな眠りを実現する大きな要素は、なんといってもマットレス。今回紹介する「エアウィーヴ」は、これまでにない素材を使った、ユニークで寝心地のいいマットレスパッドなんです。

その素材とは、極細繊維状樹脂。この樹脂を3次元的に組み合わせて、素材の90%以上が空気という独自の構造を実現しています。なので、マットレスの中身は、釣り糸がもじゃもじゃに絡まったような感じになっています。この素材と構造にはメリットが3つあるのだとか。

1つは、絡めて厚みを出す構造による適度な反発力。反発によって寝返りが打ちやすく、また、体圧も分散されて正しい寝姿が保て、腰痛持ちにも優しいとのこと。腰にかかる負担の少なさがアスリートにも支持されており、オリンピック候補選手の宿泊施設でもある、国立スポーツ科学センターの宿泊施設でも採用されたり、オリンピックやサッカーワールドカップに持参した選手もいたそうです。

2つ目は、90%以上が空気という構造に由来するメリット。冬は空気の断熱で暖かく、夏は汗などの湿気を発散してくれるので涼しく眠ることができます。また、湿気が溜まらないことで、ダニやカビも発生しにくいといった特徴も。

3つ目は、樹脂の使用によるメリット。綿などの繊維と違い、汗などの臭いが染みつかないし、水洗いすることも可能。週末、つい寝過ごして布団を干すタイミングを逃してしまう独身男子にはうれしい特徴です。

有名ホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」のスパベッドや格式高い旅館「加賀屋」の迎賓室、全日空国際線のファーストクラスなどにも採用されている「エアウィーヴ」。人生の3分の1は眠りの時間ともいいますから、一点豪華主義でこだわってみてもいいかもしれません。
(コージー林田)

※この記事は2011年11月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト