OFFで役立つ!

Twitterにつぶやく体重計

2012.10.22 MON


利用に際してはパソコンに加えて無線LANアクセスポイントが必要。Windows/Mac両対応。複数人での共有も可能で、体重が似通っている人同士の判別方法も用意されている。単4電池4本使用 撮影/熊林組
近ごろ、腹回りと懐に余裕のあるガジェット好きの間で話題を集めている、WiFi Body Scale。体脂肪計にしては1万7800円という高めなプライシングは何もデザインがスタイリッシュという理由だけではありません。

実はこれ、無線LANでのインターネット接続機能を備えた体脂肪計で、体重を量るたびに、体重、BMI、体脂肪率のデータを自動的に専用サーバーに送信し、体重管理を楽ちんにしてくれる。だからこそ、こんなお値段なのです。

しかも、体重を量るたびにその結果をTwitterにつぶやくという機能もあります。

おそろしい…。おそろしいけど、自分の体重を世界中に公開することで、身も心も引き締まりダイエットに効果的かも!

というわけで実際にサンプルをお借りして、10日ほど体重管理をやってみました。

なにはともあれ、体重計に乗るだけという簡便さが、「心がデブ」なものぐさダイエッターに最適です。パソコンやiPhoneアプリから自分専用の体重管理サイトにアクセスすると、体重やBMI、体脂肪率の折れ線グラフがチェックでき、「目標体重まであと○kg」と現実を突きつけられるので、たとえ深夜におなかが空いても「やめとこ」となります。Twitter上で公開しているならなおさら。

もはやおのれの精神力だけでは痩せられないメタボさんにぴったりな体重公開マシン。でもTwitterで体重を公開できる時点で羞恥心はいくばくもないはずなので、どこまで効果があるのかは不明です(笑)。
(熊山 准)

※この記事は2010年02月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト