OFFで役立つグッズ!

洗濯物を回すと乾燥が早まる?

2012.11.08 THU


本体重量は約54g、本体寸法は約61mm×約40mm。購入者の中には、回るくんを利用して魚の一夜干しを作っている人もいるとのこと
独身男子の休日に欠かせないお勤め「お洗濯」。ただ、これからの寒い季節には、なかなか洗濯物が乾きにくかったりしますよね。日曜の夕方に洗濯して干したのに、翌日の出勤までに乾いてなくて焦ってしまうなんてことも。

本当は乾燥洗濯機が欲しいけれど、高額でなかなか手が出ません。そんなときに使いたいのが、たったの980円で購入できる洗濯物乾燥グッズ『回るくん』。エアコンなどの風を利用して洗濯物を回転させることで、むらなく均一にしかも短時間に乾かすことができるアイテムです。

使い方ですが、まずはS字フックを回るくんの上部についたリングに掛けて、そのS字フックを物干し竿などに掛けます。そして、洗濯物を干したハンガーなどを回るくんの下部の吊り下げ部に掛けて、ハンガーの左右どちらかに扇風機やエアコンの風を当てるだけ。ちなみに、一般的なハンガーでも回りますが、パラソルハンガーや10連ハンガーのようなものの方がよりよく回るそうです。

洗濯物の量によって乾燥までの時間は変動しますが、暖房を効かせた部屋であれば、一般的な量なら2~3時間程度で乾燥が終了。早い時間で乾燥させるので、部屋干しで出る独特の臭いを抑えられるのもメリットのひとつです。ちなみに、屋外での使用は、風向きなどによって回転が止まってしまうこともあるそうですが、ただ吊るしているだけよりは回転する間の分だけでも早く乾くのだとか。

部屋干し派の人やベランダの日当たりが悪くてなかなか洗濯物が乾かない人は、一度試してみたくなるアイテムです。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト