発覚のきっかけは「彼女の自白」が45%

「彼女が浮気…」5人に1人経験有

2012.11.15 THU


男性が浮気の理由や今後の交際について意見を求めると、「面倒そうな素振りだった」「冷たい反応」などクールな対応をされがちなようだ
イラスト/西アズナブル
一般的に、「男は浮気する生き物」といわれるけど、女性だって浮気をしない淑女ばかりとは限らない。もし自分の彼女が浮気をしていたら…、とても冷静に対処できない気がする。そこでR25世代の男性300人に、恋人に浮気をされた経験についてネット調査を実施してみた。

その結果、「彼女に浮気されたことがある」と答えた男性は全体の19%に上った。5人に1人は浮気された経験があることになるが、発覚していないケースを含めれば、実際はもっと多いはず。他人事と安心してはいられない数字だ。

続いて気になる「浮気が発覚したシチュエーション」だが、一番多かったのは「彼女が自分から事実を伝えてきた」で45%。続いて、「彼女の嘘や言動を問い詰めた」が24%、

「彼女の携帯をチェックした」が23%と並ぶ。半数近い女性が、自ら浮気を告白しているのは驚きだ。

さて、彼女が浮気の事実を認めた後どうしたか? 「彼女を問い詰めた」が43%、「今後について話し合った」が40%と恋人関係の危機は避けられないが、別れるのがイヤで「気が付かないフリをした」という男性も20%いた。

「ただ別れるのが悔しくて、同棲して一緒に飼っていた猫を連れて家を出た」(マスコミ・20代後半)

「口論しているうちに感情が高ぶり、『それでもお前と結婚したい!』と勢いでプロポーズしてしまった。断られた」(サービス・20代前半)

「一緒に撮ったベッドの中の写真をばらまいてやる! とハッタリをかました」(メーカー・30代前半)   など、彼女に未練たっぷりな人ほど、カッとなって感情的な言動に走ってしまう傾向もあるようだ。また、そんな男に対して女性たちの反応は「逆ギレされ口論に発展」「無視され音信不通に」など話し合いに応じないケースも多いよう。

キレイごとでは済まされないのが痴情のもつれ。みっともない態度だけは取らないよう、気を引き締めて臨みたいものだ。
(呉 琢磨)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト