思わず欲しくなるグッズ!

落とし物を地図上に示すキーホルダー

2012.12.25 TUE


サイズは67mm×29mm×12mm、フリスクケースとほぼ同じくくらいだ。重量は約23g。動作環境は、iOS5以上、Android2.1以上、Blackberry4.5以上
私事で恐縮ですが、以前、マンションのカギをなくしたことがあります。酔っていて一刻も早く寝たいのに、カギ業者に依頼して、到着を待ち、身分を証明して、部屋のカギを開けてもらう。なぜに自分の部屋に入るのにこんな高額なお金が必要なんだ…と凹んだ翌日には、大家さんからカギの交換料をさらに請求されて、もうグゥの音も出ないという経験でした。一人暮らしの人ならば、同じような悲劇に見舞われた人も多いかもしれません。

『コブラタグ』は、そんな悲劇を防いでくれるアイテムです。Bluetoothを搭載しており、専用アプリを起動したスマートフォンと双方向通信できるのが特徴。『コブラタグ』とスマートフォンが10m以上離れると、スマートフォンから警告音が発せられ、落とし物を防いでくれます。

万が一、警告音に気がつかなくても設定をしておけば、落としたことをメールやツイッターなどに送信。しかも、スマートフォンと接続が途切れた場所を、地図上に記録してくれる優れもの。その情報をもとに、自分が歩いた道をくまなく探せば、なんの手がかりがない状態よりも、発見できる確率は高くなります。もちろん、活用方法は落とし物だけにとどまらず、忘れ物の防止や置き引きなどからの防犯にも使えそうです。スマートフォンの仕様によっても異なりますが、最大7台(iOSデバイスでは1台)までペアリング可能なので、バック、カメラ、財布、カギなど、大事なものひとつひとつに付けておくこともできます。

ちなみに、10m以内でも、スマートフォンの操作をすることで、『コブラタグ』から音を鳴らすことができます。また、逆に、『コブラタグ』を操作することで、スマートフォンから音を鳴らすこともできるので、「遅刻しそうなときに限って、○○が見当たらない」なんて事態も防げそうです。

よく物をなくしてしまうあなた、忘れ物をしてしまうあなた、立派な社会人になるために、『コブラタグ』を活用してみてはいかがですか?
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト