年収が低いからといってあきらめない!

年収400万新築マンション購入法

2013.02.11 MON

住宅ローン金利が低水準にとどまっている今は、年収が低くても新築マンションを買えるチャンスともいえる。そこで、年収400万円台でも無理なく購入するための法則をまとめてみた。

法則1 「都心はあきらめて、あえて郊外を狙う」

年収400万円の世帯の場合、平均価格5701万円(70平方メートル)という都内のマンションを購入するのは難しいもの。けれど、神奈川、千葉、埼玉、茨城のマンションの平均価格は都心に比べると約1200万円~3200万円もダウン。希望の価格で理想のマンションと出会える可能性はグンとアップするだろう。通勤できる距離なら、都心はあきらめて、郊外のマンションに狙いを定めるのがおすすめだ。

法則2 「徒歩10分以上の物件を狙う」

駅から徒歩10分以内の首都圏の新築物件は、平均価格が5154万円(70平方メートル)。一方、徒歩10分以上の物件は、平均価格が4050万円(70平方メートル)と、1000万円以上も差があることが判明。徒歩15分以上の物件の場合は、駅からバスが使えるところも多いはず。駅からちょっと離れている物件を探せば、年収400万円台でも手が届くマンションを見つけやすくなる。

法則3 「完成済みの物件を狙う」

未完成物件に比べ、お金の面でメリットが多いのが完成済みの物件。たとえばモデルルームになっていた住戸なら、家具付きといった特典が付くことはよくある。そのほかにも、未完成物件の場合、契約から入居まで1年くらい掛かることが珍しくない。そうなると、入居までに、今住んでいる賃貸の家賃が引き続きかかり、家賃10万円とすると1年分の家賃は120万円を負担しなければならない。完成済みの物件なら、即入居できるから、家賃として支払うのではなく、ロー返済に充てられる。また、ローン金利は通常、引き渡し時点のものが適用されるため、「契約時よりも金利がアップしていた…」なんていうリスクを避けられるといった利点も。さらに、「在庫物件を減らしたい」と考える売り主が、値引き交渉に応じてくれる可能性もある。

法則4 「固定金利を狙う」

ファイナンシャルプランナーの溝渕麻理さんは、「年収400万円台の世帯なら、住宅ローンは固定金利を選び、返済額は年収の25%以内に抑えることがポイントです」と話す。たとえば「フラット35」を選び、35年ローン、金利2.6%固定の場合(2010年2月17日現在)、毎月の返済額は8万3000円(年収400万円の25%)で、2287万円を借り入れられる計算になる。長期返済にすることで、家賃並みの返済額に抑えられるから、20代でも購入が可能になる。

法則5 「親から贈与を受けて頭金を用意する」

マンション購入の際、親からの資金援助を受ける人も少なくないが、2010年は住宅資金目的の贈与について、贈与に対する贈与税の非課税枠が拡大。「親または祖父母からの贈与で、マイホームの取得が目的の場合、2010年12月末までは1500万円を非課税で受け取れます。昨年までの500万円から1000万円アップしました」(溝渕さん)。親から贈与を受けて頭金を増やすには、今年が狙い目!

※この記事は2010年12月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト