初めての「ひとり暮らし」ガイド

賃貸物件「人気設備」ランキング

2013.02.06 WED

初めての「ひとり暮らし」ガイド


どれも欲しいがすべてを望めば家賃はどんどん高めに…。そんなときは自分にとって本当に必要な設備を絞り込むことから始めてみよう ※2011年度に賃貸に入居した学生が「実際に使ったことがあり、次に引っ越す際も欲しい」と回答した中から設備項目を抽出してランキング(SUUMO調べ)

“欲しい設備”の1位は○○○○!



住まいの快適度をはかるバロメーターといえるのが住宅設備。リクルート住まいカンパニーが調査した「2011年度賃貸契約者に見る部屋探しの実態調査」(※)によると、“欲しい設備”の1位はエアコン。これは確かに “マスト”のアイテムといってもよいだろう。では、他に人気の設備は?「SUUMO」編集長・池本洋一さんに聞いてみた。

「2位の高速通信設備は、自分で無線LAN環境を持っている方なら不要かもしれません。ただし、付いていることで損をすることはないでしょう。家賃に含まれている場合も多く、個人で負担するにしても一般的な値段の5000円よりかなり割安です」

今やネットなしでは生きられない世の中といっても過言ではないだけに、この順位も納得。また、初めての一人暮らしとなると、自分よりも親が心配しがちなのが防犯面。

「3位のオートロック、5位のTVモニター付きインターフォン、10位ディンプルキーなどのピッキング対策のカギなどが防犯関係の設備。特に女子学生とその親にとって、あれば頼もしい設備でしょう。ただし、付いているだけで安心せず、自ら防犯意識を持って生活することをお忘れなく。また、4位の2口以上のガスコンロキッチン、7位のIHクッキングヒーターは親からの仕送り額が減る傾向にある昨今、自炊して食費をセーブするには格好の設備。加えて、友達を招いてパーティーを開くときにも便利ですし、コミュニケーションツールとしての一面もありそうですね」

2口コンロなら料理の幅がグッと広がり、節約&友達付き合いもバッチリというわけ。また6位の宅配ボックスは、それまで一戸建てで暮らしてきた人には「何?」という感じかもしれませんが…。

「宅配ボックスは、自分が不在時に届いた荷物を一時保管してくれる設備。これがあれば宅配便が届くのを待たずに外出できるわけです。ネット通販が身近な買い物手段になっている今、受け取りの手間を省けるのはかなり便利だと思いますよ。そのほか8位の浴室乾燥機は、洗濯物を外に干さずに済むという女子のニーズや、花粉症対策、さらには嫌なニオイが付着しにくくなるなど清潔志向も反映しているのでは。9位の洗浄機付きのトイレは、実は男子学生の支持率の方が高いんです」

ランクインした設備のほとんどは、今の10代にとってほぼ生まれたときからあるものばかり。一人暮らしでも変わらず使いたいと考える人は多いはず。ただし、当然ながら多くを望むほど家賃は高くなることが多いのでご注意を!

(保倉勝巳)

関連キーワード

ブレイクフォト