R25世代の最新スマホ白書2013

第4回 ここまでできる!スマホの便利機能

2013.02.15 FRI

R25世代の最新スマホ白書2013


スマホがハブになり様々な家電との連携の主役になることが予想される。「幅広い家電を展開しているメーカーほど、期待が大きい」(デジタルグッズライター・山下さん)とのこと。ボクらのスマホはどこまで便利になるのか? イラスト/前田はんきち

広がる新機能。これからのキーワードは「つながる」!



スマホの「進化」を考える上で欠かせないのが、どんどん増える便利な「新機能」。画面、バッテリー、チップなどの基本パーツの進化はもちろん、新機能の追加があってこそ、スマホで「できること」は広がり、スマホはより便利になります。では、スマホユーザーたちは今、どんな新機能を求めているのでしょうか?

R25 世代のスマホユーザーへのアンケート(※)によると、現実的なものから夢のようなものまで、様々な要望が。

「スマホで家中の家電を操作したい」(30歳・大阪府)
「外出先からも家の状態をチェックしたい」(33歳・岐阜県)
「スマホをTVのコントローラーにしたい」(34歳・東京都)
「スマホにPCの画面を映して操作したい」(32歳・北海道)
「スマホで健康診断ができるようになってほしい」(33歳・神奈川県)
「AEDの役目もこなせたらいいのに」(27歳・岐阜県)
「寒い冬は帰ったらすぐに湯船につかれるよう、スマホで家の風呂をわかせるようになったらうれしい」(34歳・東京都)

などなど、結構大胆な願いが次々と出てきました(笑)。「スマホひとつであらゆることができるようになってほしい」…多くのユーザーがそんな希望を持っていることが分かります。では実際のところ、これからのスマホにはどんな新機能が増えていくのでしょう? デジタルグッズライターの山下達也さんに聞きました。

「これからはスマホ本体だけで完結するのではなく、スマホがハブになり様々なものに『つながる』機能が要注目です。今までパソコンが担っていたこの(ハブとしての)役割は、生活の中でのスマホの重要度が高くなるにつれて、どんどんスマホに移行しはじめています」

確かに、今やスマホの使用時間はパソコン以上、という人も多いのでは? では具体的に、その「つながる機能」には、どのようなものがあるのですか?

「スマホが無線LANルーターになり、パソコンなどとつながる『テザリング機能』は、今や主流になってきました。またパソコンとスマホの連携機能も多くなっています。さらにこれからは家電の進化に合わせて、スマホでできることも大きく広がります。スマホが黒物家電(AV系家電)ばかりでなく、白物家電(生活家電)とも連携し、家電にまつわるデータをクラウドで管理できたり…と、様々な新機能が出てくることでしょう」

「様々な新機能」といわれると、男ゴコロをくすぐられますね。それらをいち早く体験するためには、どのようなスマホが必要になるのですか?

「新しい機能をすぐに体験したいなら、最新のハイスペックが詰まったスマホを持っておくことが重要です。たとえば、テザリングを使いこなすなら大容量バッテリーが必須ですし、そのほか処理力の速いクアッドコアチップ搭載、キレイな映像を楽しめる高解像度の大画面…など、結局のところ『総合力の高いスマホ』を持っておくのがベターです」

最新の機能を満喫できるよう、次にスマホを選ぶ際にはぜひ「総合力の高いハイスペックスマホ」を選びたいですね。
「ELUGA X」の注目機能が、TV、HDDレコーダーをはじめ、パソコン、さらには冷蔵庫、レンジ、洗濯機などの家電ともつながる「ELUGA Link」。スマホひとつで手間が省けて、生活がもっと便利に楽しくなる「つながる新機能」だ。
ということで、新しい「つながる機能」満載のハイスペックなスマホをご紹介。それがパナソニックの全部入りハイスペックスマホ「ELUGA(エルーガ) X」だ。様々な家電と連携できる「ELUGA Link」をはじめ、ノートPC「レッツノート」との相互リンク機能など、つながる機能が充実。さらに高性能カメラで撮った写真を手軽にSNSに共有できる「ピクチャジャンプ」で、仲間たちとすぐにつながることも可能。次のスマホを選ぶ際には、ぜひチェックしたい1台だ(現在販売中)。

※全国の25~34歳のスマートフォンを所有する男性会社員500人へのインターネットアンケート結果(2012年12月実施・web R25調べ) これから注目したいスマホの新機能は「つながる機能」だ。様々な家電、パソコンなどとスマホが連携して、生活はどんどん便利に! いち早く楽しみたいならハイスペックなスマホを持っておくことも肝心。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト