貼るだけでともちんになれるシールも!

女っぷりがアップする涙袋メイク法

2013.02.28 THU


汗や水に強くテープをはがすまで24時間しっかり涙袋をキープ。医療用テープなので、肌にやさしい。mejyutuリアルタンク(60枚入り)1260 円/T-Garden
AKBのともちんこと、板野友美さんの涙袋、とってもかわいいですよね~。涙袋は、別名“フェロモンタンク”と呼ばれる、女性らしさを象徴するゾーン。しかも、涙袋は、人相学で恋愛に恵まれる、子宝に授かるなどといわれています。他にも、目が大きく見える、やさしい印象を与えるなど、涙袋は相当、女子力アップにつながります。

そこで、涙袋をつくるメイク法を伝授! まず、下まぶたのくすみやクマをコンシーラーで丁寧に消します。次に、ブラウンのアイシャドウかアイペンシルを、目尻から1/3ほど塗り、軽く指でぼかします。そして、残りの2/3に少しパールの入ったピンクのアイシャドウを塗ります。ハイライト効果で立体感が出て、涙袋のようなぷっくりとした下まぶたに変身。

もしアイメイクが苦手!というなら、涙袋専用テープはいかが? 下まぶたにテープを貼るだけで、ともちんのようなふっくらとした涙袋が完成します。使い方はとっても簡単で、ニコッと笑ったときにできる涙袋に沿って、テープに涙袋を乗せるように貼るだけ。テープとはいっても、ツヤ消し加工をしているから肌となじんでほとんど目立ちません! しかも形状記憶するというから、スゴイ!

ぷっくりとした涙袋があるだけで、確実に女っぷりがアガります。いつもと違う目もとに、彼はドキドキしちゃうかも?!

取材・文/夏目 円(美容ライター)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト