男性が声をかけたくなる決め手は“品”?

結婚式二次会“出会い”の実態

2013.06.28 FRI


男性が声をかける決め手は、本文中に挙げたもの以外にも「よく笑っている」が29.0%。やはり、友人の結婚を祝福し、その場を心から楽しんでいる姿も魅力的にうつるのね 画像提供/Ushico/PIXTA(ピクスタ)
6月といえばジューン・ブライド。結婚式の披露宴や二次会に出席した人も、少なくないのでは?

そんなお祝いの席といえば、参加者にとって「出会いの場になる」なんて話をよく聞きますよね。確かに、友人に近しい間柄の男女が集うこともあり、気の合う人も多そうだし、出会いには適していそう。

では、実際にどのくらいの女性が出会えているの? 20~39歳の女性100人に「結婚披露宴や二次会がキッカケで、異性と付き合ったことはある?」と聞きました(アイリサーチ調べ)。

すると「ある」は、なんとたった1人! 「結婚披露宴や二次会は出会いの場になると思う?」との問いでも「思わない」が31人となり「出会いの場とは聞くけど、実際に出会ったことない」(26歳)といった声が多数挙がりました。やっぱり現実はそううまくはいかないのかあ…。

ただ、「出会いの場になると思う」と答えた人も、上の否定派とほぼ同数の32人おり、「声をかけてもらえたことならある。結局付き合えなかったけど」(27歳)、「実際に付き合った友人がいる」(30歳)といった実例が多数! 出会いの予感や期待を抱いている人は少なくないようでした。さらに、「どちらとも言えない」(37人)にも、「いいチャンスの場ではあると思う」(28歳)といった前向きな声が。

そこで、出会いの可能性を少しでも上げるべく、20〜39歳の男性240人に「結婚披露宴や二次会で女性に声をかけるときの決め手は?」と質問。複数回答で選んでもらったところ、「ルックスの良さ」(73.5%)に次いで支持を集めたのは「身だしなみ」(39.5%)、「マナーの良さ」(34.5%)と“品”にまつわる項目。なんでも「女性にはやっぱり品を求めたい」(29歳)、「礼節を重んじる場だから、品の良さを見定めやすいと思う」(30歳)そうで、「テーブルマナーが完璧だと惚れ惚れする」(30歳)、「声をかけようと思った子の靴が汚れてて愕然」(29歳)など、案外細かく見ている男性も多いよう。つまり、ルックスに自信がなくても身だしなみやマナーを気遣うことができれば、チャンスを広げられるのかも?

結婚式は、もちろん新郎新婦を祝福することが第一だけど…。良い出会いはどこにあるかわからないもの。次に出席する式では、いつも以上に品を意識してみる?

(松本まゆげ)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト