思わず欲しくなるグッズ!

息を吹き込んで膨らませるランタン

2013.09.11 WED


重量は100g。サイズは膨らませた状態で直径130mm×高さ110mm。折りたたんだ状態では直径130mm×高さ25mmとコンパクトに。リチウムポリマー電池を採用しており、約500回繰り返し充電が可能。省電・通常・点滅の3モードで明るさ調整ができる
実際にはそこに存在しないのに、あたかもそこにあるように振る舞う“エア○○”。世界選手権も存在するエアギターなどが有名なところです。さて、今回紹介するのは、『エアーランタン』というアイテム。こちらは、ランタンがあるように振る舞うわけではなく、しっかりと存在して、明かりを点してくれるランタンです。

『エアーランタン』のエアは、塩化ビニール製の本体にバルブから空気を吹き込んで膨らませるところから来ています。そう、浮き輪を膨らませるあの要領です。光源は熱をほとんど発しない10個のLED。また、ソーラー充電式なので、電池やコンセントがなくても使用できます。ちなみに、太陽光で8時間充電すると6~12時間ほど点灯するとのこと。一度充電すれば、2年間放置しておいても、約50%は電力が残っているというから驚きです。

使わないときは空気を抜いて折りたたんでおけるし、一般的なランタンに比べて塩化ビニール製の本体は水濡れや衝撃にも強い、また、燃料や電源も必要ないといった特徴から、アウトドアシーンや防災グッズとして重宝されています。

もちろん、アウトドアや防災グッズとして使用するのもいいのですが、オススメは部屋での日常的な利用。あえて、空気を一杯にして膨らませずに、ちょっとクシャっとした状態でライトを点灯させれば、光が乱反射してちょっとしたオブジェのような雰囲気になります。特に、底部にあるパネルのボタン操作で点滅モードを選ぶと不思議な感覚が味わえます。防水なのでバスルームで使っても素敵かもしれません。

本体価格もお値打ちで、電気代もかからない『エアーランタン』。部屋のオブジェと万が一の防災グッズを兼ねて、ひとつ持っているといいかもしれませんね。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト