実は商標だった!? 3次ブーム到来

健康食グラノーラ専門店が続々

2013.09.13 FRI


棚に並んだベース、ナッツ、ドライフルーツを自由にカスタマイズできるGANORI。1食分は80g前後で、気になる価格帯はGANORIで190gあたり1050~1300円ほど
今年の8月に、代々木上原にオープンしたグラノーラ専門店「GANORI」。お店がブレンドしたパッケージ商品だけでなく、日本で初めてベース、ナッツ、ドライフルーツなど好きな食材をミックスして購入できる点が人気を呼んでいるのだとか。確かに最近、コンビニやスーパーを含め“グラノーラ”を見聞きする機会が増えたかも…。

でも、そもそもグラノーラって何でしたっけ? コーンフレークみたいなもの? 「GANORI」マネージャーの川添智史さんにうかがいました。

「グラノーラは、コーンフレークみたいなシリアルの一種で、オートミール(燕麦)や小麦、玄米などを蜂蜜やメープルシロップなどと一緒にオーブンで焼いたものです。もともとアメリカで19世紀後半に生まれた健康食品で、『グラノーラ』という名前じたいはケロッグ社の登録商標だったもの。それが健康食ブームを経て、ナッツやドライフルーツと一緒に食べる現在のかたちになったようです」

なるほど。では最近日本でも徐々にブームの兆しがあるのはなぜでしょう?

「これまで日本でも何度かグラノーラブームがあり、今は3回目らしいのですが、直接のきっかけはやはり健康食ブームでしょう。ここ数年、女性誌や生活情報誌でもよく取り上げられるようになりましたし、そこに来てグラノーラ専門店がオープンしてブームを牽引しているかたちです」

ちなみに東京都内では中目黒にある日本初のシリアル専門店「GMT」や、千駄ヶ谷のグラノーラ専門店「フラクタス」などがあるようです。もちろんパッケージ商品なら輸入スーパーやデパート、通販などで購入することもできます。

では、グラノーラって何が体にいいのでしょう?

「日本人に不足しがちなミネラル、食物繊維がたくさん摂れて栄養バランスを整えられる点でしょう。目に見えて効果があるのは便秘の改善です。結果的に肌つやが良くなり、免疫力もアップすることでしょう。短い時間にさっと食べられるうえ、腹持ちが良く太りにくいのもメリットといえます」

ところで、オリジナルブレンドも作ってもらえるそうですが、オススメのブレンドはありますか?

「オススメは黒豆やそばの実を使ったジャパニーズスタイルですね。それにゆずや伊予かんのピール、松の実、ひまわりやカボチャの種などを加えます。シリアルって甘いものが多いんですが、続けるとなると毎朝はキツいので、甘さを抑えるのが良いと思いますよ」

筆者もぜひマイグラノーラを作ってみたい。あ、でもレーズンは苦手なので抜いてくださいね。
(熊山 准)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト