OFFで役立つグッズ!

鍵型のiPhone専用アダプター

2013.10.30 WED


カラーはホワイトとブラック、サイズは幅19×高さ71.5×奥行き6mm。付け根部分はゴム素材を使用しているので縦横にしなり、差込口に入れやすく充電がしやすい。ただし、基本的には、デスクや床などに平置きした状態で使用するように設計されており、負荷のかかる状態での使用は推奨されていない
iPhoneの最新型となる「iPhone5s」が発売されてから約2カ月。カメラ性能や電波の受信感度、指紋認証など、様々な進化が話題になりました。しかし、iPhone5に比べてバッテリー容量がアップしたとはいえ、まだ満足できないのが“バッテリーの持ち時間”。

「以前と比べると良くなった」「アンドロイド端末よりはよく持つ」なんて声も聞こえますが、電話にメール、SNSでコミュニケーション、写真も撮れば音楽や動画も鑑賞、ゲームで時間潰しと、iPhoneライフをフルに満喫したい人にとっては、満足できるものではないでしょう。

やむをえず、モバイルバッテリーを持ち歩いている人も多いと思いますが、iPhoneとバッテリーをつなぐケーブルを忘れてしまい、やりきれない気持ちになることもあるようです。

そんなガッカリから解放してくれるのが『Kii(キー)』というアイテム。iPhoneやiPadなどの入力端子である「Lightningコネクター」に対応したアダプターです。特徴は、約7cmのまるで鍵のようなサイズ・見た目をしていることで、キーホルダーにつけることを前提して設計されています。確かに、鍵と一緒に持っていれば、ついうっかり家に忘れたなんてこともありません。

「端子部分が鍵とこすれて傷つくのでは…」という心配もあると思いますが、そこは大丈夫。端子部分は、堅牢なアルミダイキャスト製のフタでカバー。しかも、ロック機構がついているので、持ち歩く際に取れて紛失してしまうという心配も無用です。

また、モバイルバッテリーだけでなく、ノートパソコンとの接続も可能。Apple社が定める基準に適合しているので、ノートパソコンからの充電だけでなく、同期やテザリングも問題ありません。一般的なアダプターではノートパソコンとiPhoneを接続すると、コードを邪魔に感じることが多いのですが、そのような煩わしさからも解放してくれます。

iPhoneユーザーはお守り代わりにキーホルダーにつけておいてはどうでしょうか。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト