親戚や親からの質問攻めにウンザリ…

「帰省先でイヤな質問」TOP10

2014.01.01 WED


「結婚の予定があれば言うのに、わざわざ聞いてくるからケンカになる」(29歳・女性)と、ご立腹の人もいるようで…
年末年始は帰省の予定を立てている人も多いはず。久々に親や親戚と顔を合わせるのもひとつの楽しみ…と思いきや、いろいろなことをズケズケと聞かれてイラッとすることも。そこで、独身ひとり暮らし200人(20~39歳/男女各100人)に「帰省して聞かれるとイヤなこと」を調査(アイリサーチ調べ)したところ、以下のような結果となった(※複数回答)。

●「帰省して聞かれるとイヤなこと」TOP10
1位 結婚の予定(50.5%)
2位 恋人の有無(35.0%)
3位 仕事の内容(19.5%)
4位 将来のビジョン(10.5%)
5位 給料・ボーナス(9.5%)
6位 体型や見た目の変化の理由(8.5%)
7位 実家の跡継ぎ問題(4.5%)
8位 貯金額(3.0%)
8位 普段の食生活(3.0%)
10位 同居の意志/両親の介護の意志(2.5%)

やはりというべきか、「結婚の予定(50.5%)」と「恋人の有無(35.0%)」が上位を占める結果に。「結婚」については、「誰でもいいから結婚しろと言われる。誰でもいいわけないのに」(29歳・女性)というコメントや、「同世代がみな結婚しているので『そろそろじゃない?』と急かされる」(29歳・男性)などの不満が並んだ。あまりの追及にいら立ち「『結婚なんか一生しないわ!』と吐き捨てた」(31歳・女性)人もいるよう。

2位の「恋人」についても、「この歳なら『恋人がいて当たり前』というスタンスがイヤ」(29歳・女性)という意見がチラホラ。なかには、「彼氏が大道芸人で、厳格な父に質問されても答えられなかった」(23歳・女性)なんて声も。

さらには、「『太ったね、いつも何食べてるの?』と聞かれ、『だから結婚出来ない』と飽きれられた」(27歳・女性)という経験談も。これは身内といえども手厳しい…。

仕事関係の質問も多いようで、「せっかくの休みなのに台無し」(28歳・男性)、「高給取りの父親には、自分の給料が恥ずかしくて言えない」(38歳・男性)などのコメントが。あまりにウンザリして「予定を2日早めて東京に帰った」(27歳・女性)なんてエピソードもあった。

なお、両親の夫婦喧嘩の真っ最中に帰省し、「何度も『どちらの味方?』と聞かれてうっとうしくなった」(34歳・女性)という人も。今年の年末年始は、どうか穏便に過ごしてくださいね…。
(有井太郎)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト