“+1”でインテリアが大変身!?

お部屋プチDIYアイデア6選

2014.02.24 MON


市ファブリックパネルは部屋にアーティスティックな雰囲気を手軽にプラスできる。ホチキスは紙用ではなく、太い芯の入るタッカタイプを使用すべし。 撮影:林和也
そろそろ春の足音を感じる時期。日常にちょっとした“変化”を与えたくなる向きもあるのではなかろうか。そんな人にオススメなのがインテリアの改造…といっても、大物アイテムを買い換えたり、大胆な出費なものとなるといささか現実的ではない。実は手軽なDIYを施すだけで、部屋の雰囲気はガラリと変えられる。そんな実例を以下にご紹介しよう。

●手軽なおしゃれアイテム ファブリックパネル キャンバス用のパネルに布を当て裏側をホチキスで留めるだけで作れるのが、「ファブリックパネル」。お手製だから、色や形は自分の好みで決めてみよう。壁にかければアート作品のようになり、色を足しつつ部屋をしゃれた雰囲気へとワンランク高めてくれるはず。

●貼りつけるだけで遊び心が! ウォールステッカー 自由に貼ったり剥がしたりできる「ウォールステッカー」を使えば、簡単に色をプラスできる。内装に傷をつけずに済むのもうれしい。部屋の印象に合わせた柄を選べば、おしゃれ度もグッとアップする。初心者には、直線的な建物の形が貼りやすくオススメだ。

●雑誌やカードを置ける ウォールラック 画びょうで取りつけられる「飾り棚」を活用すれば、シンプルな壁にも色を加えられ、こなれた雰囲気も生まれる。のせるものはカーテンやシーツの色に合わせて選び、部屋全体の調和を図ろう。インテリアショップやホームセンターで手に入る。

●切りっぱなしの布が変身! カーテンクリップ 100円ショップなどで手に入る「カーテンクリップ」をカーテンレールにとりつけたら、あとは布を挟むだけでできあがり。布は窓枠幅の1.2〜1.5倍程度用意すると安心だ。窓枠のサイズが特殊でもオーダーせずに済むので、コストを抑えられ、イメチェンが手軽に。

●切って敷くだけで彩り華やか! フェルトシート インテリアの色をガラッと変えたいときに役立つのが「フェルトシート」。色を変えたい場所のサイズに合わせて切って、敷くだけ。一般的な生地と違い、切っても端がほつれないため、縫う手間は一切ない。カラーバリエーションも豊富だから、探している色も見つかるはず。

●両面テープで大胆イメチェン レイヤード壁紙 ホームセンターなどで売っている「壁紙」も見逃せない。壁紙を貼りたい部分にマスキングテープを貼り、その上に両面テープ、壁紙の順で貼ろう。この手順なら、壁を傷めずに済むのだ。安易に両面テープを直接貼ると、元の壁紙が剥がれる可能性があるので注意。

いずれのテクニックも“色”を意識することがポイント。部屋のインテリアになじませるのではなく、ワンポイントになるような目を引くカラーを用いることで、部屋を引き立てるアクセントになる。大物アイテムとは違って“やり直し”が利くだけに、まずは挑戦してみてはいかがだろうか?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト