同じタオルを使うのはキケン?

脇や足のにおいは他人にうつる?

2014.03.12 WED


アポクリン腺から出る汗は、皮下脂肪が詰まった皮膚組織や、皮脂腺を含む毛穴を通過しながら排出されるため、ベタベタとした濃厚な汗になる 画像提供:stellar/PIXTA(ピクスタ)
付き合いたての彼氏と過ごす、幸せな休日。そのはずが、かぎ慣れないにおいがどこからか漂ってきて、完全に目が覚めた。不快というほどではないけれど、脇や足のにおいだとしたら気になるかも…。

そのとき急に思い出したのが「脇とか足のにおいって、タオルを共有するだけでも、うつっちゃうんだって」という噂話。それって本当? 「解説するには、汗が出るメカニズムを知ったほうがいいですね」と言うのは、小林メディカルクリニック東京の小林暁子先生!

教えてもらったところ、汗を出す「汗腺」には2種類あるという。ひとつめは真皮から始まり、表皮につながって抜ける「エクリン腺」。もうひとつは、皮下組織から毛穴につながって抜ける「アポクリン腺」。

「エクリン腺は全身に存在していますが、そこから出る汗はほとんどが水分からできていて無臭です。ただし、長時間放置すると、雑菌が繁殖して『汗くさい』においに変わります。いっぽうのアポクリン腺は、脇の下や足裏、デリケートゾーンに多く存在しています。ここから出る汗は、皮膚組織や毛穴を通過するうちに、脂質やステロイドなど多くの成分を含んでしまうのが特徴。じっとりと濃厚な汗で、菌も急激に繁殖しやすく、強いにおいを発します。いわゆる『わきが』はアポクリン腺から出た汗のにおいですが、においの傾向や強さは個人差があります」

つまり、においが強くなる理由は「汗をかいたあと、放置したせいで汗くさくなった」か、「アポクリン腺から出る汗のにおいが強い体質だった」かのいずれか。ということは、冒頭の質問の答えは…もちろん「うつらない」だ。

「汗腺は、体質により異なるものなので、同じタオルを使ったり、さわったりしてうつるものではありません。日本人は非常に清潔好きで、においを気にしすぎる傾向にありますが、わきがを気にする方の多くが軽度ですので安心してください。ただし、足裏のにおいが強い場合、もうひとつの理由として水虫や白癬菌(はくせんきん)のトラブルによることも。素足で歩いた床やマットからもうつることがあるので、疑わしい場合は皮膚科を受診しましょう」

汗のにおいが気になったときは、生活習慣を見直すとよいそう。普段から運動不足で汗をかかなかったり、肉料理ばかり食べていたりすると、においの強い汗をかく原因になるという。「うつるかも」と怖がるより、まずは彼氏の生活習慣チェックから始めてみましょうか!

(富永明子)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト