待った方がトクすることも…

敷金礼金が5月から下がるワケ

2014.04.22 TUE

引っ越しの際、大きな負担となるのが敷金・礼金などの初期費用。何かと物入りになる引っ越し後の生活を考えると、痛い出費だ。そんな、初期費用に悩む人に朗報! 実は1月から4月の引っ越しシーズンに比べ、5月以降は敷金や礼金がダウンしていく傾向にあるのだ。敷金は、「家賃2カ月分」の物件の割合が1月以降、月を追うごとに減り、反対に「家賃1カ月分」の物件の割合が増え、なんと6月には割合が逆転している。

礼金も同様に、オンシーズンには主流だった「家賃2カ月分」が減り、特に5月から「家賃0カ月~1カ月分」の割合がぐっと増える。引っ越す人が減るオフシーズンは、初期費用を軽くする大家さんが意外に多いようだ。

また、5月以降は引っ越し費用も安くなる。アート引越しセンター広報部によれば「年間を通じて一応定価は決まっていますが、引っ越しが少ない5月以降なら、交渉次第で2~3割程度のプライスダウンが可能。特に6月が狙い目です」とのこと。

また、各社の割引キャンペーンにも注目したい。なかにはなんと、アート引越しセンターの『待ち割キャンペーン』など最大で半額割引になる思い切ったキャンペーンも! 実はこういったキャンペーンの中には繁忙期には適用外になるものが多く、これからのオフシーズンがチャンス!

※この記事は2011年01月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト