年々増えてる気がする…

男のシミ・ソバカス・ホクロ対策

2014.05.18 SUN


「ホクロだと思ってたら皮膚ガンの一種だった!」なんてこともあるらしい。ホクロと違って、形がきれいな円形でなかったり、刺激を与えていないのに出血したり、肥大化するなどの特徴があるそう。あやしいなと思ったら、すぐに診察を!
10代のころに比べると、なんだかくすんできた僕の肌。特にケアをしていないせいか、年々シミやホクロが増えて、ソバカスなんかも濃くなってきているような…。こういったシミやホクロが増えるのには何か理由があるの? 美容皮膚科のマグノリア皮膚科クリニックで院長を務める、池上彩子先生に話を聞いた。

「シミやホクロが増える原因は、主に紫外線。紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニンが作られます。そのメラニンが作られすぎてしまったり、排出がうまくいかったりすると次第に蓄積されてしまう。これがシミやホクロを作る原因やソバカスを濃くする原因になります。若いうちは肌のサイクルが早いので元の肌の状態に戻りますが、年齢を重ねるにつれて時間がかかるようになり、肌が元の状態に戻らずシミなどができてしまいます」

シミを防ぐには帽子をかぶったり長袖を着たり、日焼け止めの使用など、紫外線を直接浴びない対策が大切なよう。それでも、暑い夏になれば肌を露出する機会が増えるし、紫外線を浴びてしまうこともある。そんなときはどうしたらいいの?

「日焼けは、肌が軽いヤケドを起こしている状態です。なので、日焼けし過ぎてしまったと思ったら患部を冷やしたり抗炎症剤を塗ったりしましょう。また、食事やサプリメントなどでビタミンCをとることも効果的です」

では、すでにできてしまったシミやホクロをとりたい! という場合はどんな治療が必要なのだろうか。

「シミやソバカスはレーザーで治療できます。また、時間はかかりますが塗り薬による治療もあります。ホクロはメスかレーザーで除去するのが一般的で、施術後にあとが残りにくいレーザーが主流になりつつあります」

ちなみに、シミやソバカスのレーザー治療は5ミリ角のサイズで5000円程度、ホクロは2ミリ角のサイズで1万500円とのこと。これなら安月給の僕でもチャレンジできそう! もちろん、日々の日焼け対策を怠ればシミなどは消えにくくなるので、これからの季節はしっかり対策をしましょうね!
(河島ロク/GRINGO&Co.)

※この記事は2012年5月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト