女性の体にも男性ホルモンはあるって聞くけど…

働き過ぎると女性もヒゲが生える!?

2014.05.28 WED


仕事をしていると、無理をしなければならないこともありますよね。あまりにも続くようであれば、業務内容を一度上司に相談することも大切かもしれません 画像提供/Pressmaster / PIXTA(ピクスタ
連日の深夜残業、お昼を食べる時間も無く、週末は接待で飲み過ぎ…というように、働き盛りのお父さんのような生活になってしまっている女子、いますよね。「あまり仕事し過ぎると、男性化してヒゲが生えてくるよ」なんて噂も最近耳にします。そこで、その噂の真相を、産婦人科医の富坂美織先生に聞いてきました。

「過度のストレスでホルモンのバランスが崩れた結果、ヒゲが生えてくるというのは、無いとは言いきれません。ただ、ヒゲが生えてくるほどホルモンのバランスが崩れた場合、その裏には病気が潜んでいることが考えられます。もしヒゲが生えてきたとしたら、例えば考えられるのは多嚢胞性卵巣症候群という病気です」

これは、20〜40歳までの女性の5〜10%におこる病気で、不妊の原因にもなるそう。卵巣の中に多数の卵胞が育たず溜まってしまい、うまく排卵できない病気で、この病気にかかると、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが増え、多毛になったりニキビが増えたり、生理不順がおこったりするのだとか。

「この病気は、肥満や食生活が乱れるとかかりやすいという傾向があります。そのため、仕事が忙し過ぎて食生活が乱れた結果、この病気にかかるというケースはあるかもしれませんね」(同)。

ところで、そもそも女性ホルモンや男性ホルモンは、生活習慣によって増えたり減ったりするものなの?

「病気の予防と同じで、生活習慣を整えたり、食生活を気をつけたりするに越したことはありませんが、生活習慣を整えたからといって、必ずしもホルモンバランスが整うわけではありませんし、そもそもホルモンの量は個人差も大きい。健康的な生活をしていても、体質的にホルモンバランスを崩しやすい人はいます」

とはいえ、できるだけ健康的な生活を送り、定期的に健康診断をきちんと受けるということが良さそうです。

(相馬由子)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト