北嶋佳奈のビジネスマン栄養学

カレーにベストな付け合わせは何?

2014.06.06 FRI


食中毒、夏バテ防止を考えるとラッキョウがおススメ 本間昭文=イラスト
これから暑くなってくると、なぜかカレーが食べたくなりますよね。カレーの付け合わせにはいろいろありますが、栄養面でみるとラッキョウがベストの取り合わせといえるんです。

ラッキョウの香り成分である硫化アリルには、殺菌作用やビタミンB1の吸収をよくする働きがあります。疲労回復や夏バテ防止効果があるビタミンB1は豚肉に多く含まれているので、特にポークカレーとの相性は抜群。また、フルクタンという水溶性食物繊維も多く含まれており、整腸作用やミネラルの吸収力を上げる効果も。冷たいものの食べ過ぎなどによる消化不良を改善するほか、発汗によりミネラルが失われがちなこれからの季節にぴったりです。

ちなみにカレーのスパイスには、胃の働きをよくするクミンやカルダモン、食欲増進作用があり夏バテ予防に効果的なニンニクやショウガが使われています。カレー&ラッキョウで元気に過ごしましょう!

北嶋佳奈=監修
管理栄養士&フードコーディネーター。レシピ開発や栄養・ダイエットに関するコラム執筆、飲食店メニュー提案などで活躍中。ブログでは定期的にレシピも公開している。レシピ本『遅夜ごはん』(宝島社)が好評発売中。 http://ameblo.jp/kanagohan15/

富永玲奈(アート・サプライ)=取材・文

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト