消費増税で節約したものTOP10はコレ!されど…

増税後「節約せず」48%の驚愕

2014.06.17 TUE

世論調査


2015年10月には、10%へと引き上げられる予定の消費税。経済財政諮問会議は「14年中に判断」との方針 画像提供:smile/PIXTA
今年4月1日、消費税が8%へ。しかし“慣れ”とは恐ろしいもの。これからは財布の紐をぎゅーっと締めていかねばと日用品を買いだめしたあの決意はどこにいってしまったのか…。増税後の節約状況について、20代の社会人200人にネットアンケート調査をしたところ、なんとも驚くような結果が浮き彫りに! まずは節約状況からご紹介しましょう。

〈消費税UP後、節約のために意識的に減らしたものTOP10〉
(複数回答 協力/アイリサーチ)

1位 外食の回数 14.0%
2位 外食1回あたりの費用 13.5%
3位 飲みに行く回数 13.0%
3位 コンビニに立ち寄る頻度 13.0%
5位 お菓子やスイーツ代(購入頻度や量を減らした等) 10.0%
6位 タバコの本数 9.0%
7位 清涼飲料水の購入頻度 8.0%
8位 車の移動(ガソリン代節約)7.0%
9位 カフェ・喫茶店に行く回数 6.5%
10位 弁当代(購入頻度減らし、安いメニューに変えた等) 5.5%
10位 洋服代(購入頻度減らし、高い服をやめた等) 5.5%

以下、12位は「飲みに行くときの費用(店、注文するものを安い方に等)」「書籍・マンガ・雑誌代」「レジャー費用」(ともに5.0%)、15位は「自炊用の食材にかける費用(食材のグレードを変えた)」(4.0%)、16位は「タバコの銘柄変更(安い銘柄に変更)」(3.5%)…と続きました。

外食やコンビニ、おやつなど、飲食まわりの項目が上位に。しかし、驚くべきはこれらの節約術ではありません。実のところ、「増税後、節約のために意識的に減らしたものは?」とたずねた結果、一番多かったのはこちらの回答だったのです!

・節約のために減らしたものはない 48.0%。

あれ、増税前には「これからはとにかく節約」という空気が確かにあったような気がするのだけど…。実際、増税前の今年2月に25~34歳の男性会社員100人を対象に行ったアンケート調査では、以下の通り、節約への高い意欲がうかがえていました。

〈消費税増税を機に、何かしらの節約を行う予定ですか?〉
・しっかり節約する 54.0%
・少しは節約する 46.0%
・節約しない 0%

増税後のアンケートとは回答者が異なるため、あくまで参考程度の話だけれど、この時点では程度の差こそあれ、回答者全員が節約の意志を見せていました。この意志は増税後、どこへ行ったのか…。

どうやら、5%→10%への増税ステップとしての「8%」という増税は、いまのところ庶民をそこまでの節約に駆り立てていないという意味で成功している様子。経済活動が自粛モードにならないのは必ずしも悪い事ではないけれど、お上の思惑通りに運んでいるようなのが、ちょっと悔しい?
(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト