ガールズトレンド調査隊

布で宙吊り?「エアヨガ」のススメ

2014.07.23 WED


布を使って行うヨガが「エアヨガ」。天井高4mから垂れた布は特製で丈夫なため、全体重をのせ、アクロバティックな姿勢をしても大丈夫。ちなみにエアヨガのできるタタミスタジオの畳は、表面が和紙加工してあり抗菌効果が高い。そんな細かいこだわりも女性にはうれしい。
カラダのたるみが気になるこの季節。トレンドに敏感な女子から熱視線を浴びている新しいヨガがある。それが「エアヨガ」だ。天井から吊るされた布を、時にはハンモックのように、時には支えのように使いながらポーズをとるというもの。ニューヨーク発祥で、“エアロ・ヨガ”“エアリアルヨガ”“フライングヨガ”など呼び名は様々だが、まるで空中を浮遊しているような体験ができるのが共通項。まだ数は少ないが日本でも体験可能な場所が増えたことで、女子の間で人気上昇中なのだ。そこで、エアロ・ヨガを展開するタタミスタジオで、ミスキャンの3人に体験取材をしてもらった。

まずは布を支えにして基礎的なポーズ。といっても、体をかなり後ろに反らすなど、見た目はハード…。

「いや、布のサポートがあるので、一般的なヨガよりラクです。というのも、布に身を任せると、カラダは自然に重心をとろうとするもの。だから正しいバランスがすぐにわかる。初心者でも簡単ですよ」とはタタミスタジオ代表のたむらひろしさん。同氏によれば、エアヨガには副次的効果もあるのだとか。

「布に全身を委ね“重力から解放”されることで、骨格の矯正や腰痛の緩和なども期待できます」(同)

プログラムが進むと、布を使った宙返りなど、よりアクロバティックな動きも。

「実際にやってみると“浮遊”というより完全に“無重力”な感じ」とは、体験したミスキャンたちのコメント。「宇宙遊泳のような体験が面白かった」と息を弾ませる。

布に包まれる安心感と非日常的な浮遊感を味わえるエアヨガ。ビギナーでも楽しめるので、彼女とのデートにも向いていそうだ。

大熊裕美=文

※この記事は2013年7月に取材・掲載した記事です

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト