思わず欲しくなる!

本物そっくり!お供え物ローソク

2014.08.05 TUE


「故人の好物シリーズ」の商品は主に仏壇仏具店での取り扱い。「大分むぎ焼酎二階堂」や「ワンカップ大関」など企業とのコラボ製品もある
今週末はお盆。ご先祖様のお墓参りに出かける人も多いでしょう。一昔前は、お盆のお墓参りといえば家族・親戚の一大イベントでした。しかし、社会通念や住宅環境の変化、核家族化などによって、古くからの習慣が廃れ、故人をしのぶ気持ちさえあれば、作法や風習を重要視しないという人も増えています。

そんな新しい供養の形を感じさせるグッズが「故人の好物シリーズ」。いろいろなジャンルの品をローソクで作っており、そのなかから故人が生前愛した品を選び、仏壇や墓前に火をともします。

品ぞろえも豊富で、お寿司にラーメン、カレーライス、甘党ならばあんみつやおはぎ、大福など、酒飲みならば、ビールやシャンパン、ワンカップの日本酒などが準備してあります。ほかにも、フルーツやコーヒー、ワンちゃん用のビスケットなどまであるから驚きです。

このローソク、見た目の面白さだけで販売したわけではありません。生もののお供えはカラスや野良猫などに荒らされてしまうので、お参り後は持ち帰るのが最近のマナーなのだとか。このローソクは、お墓参りの手間を一つ減らしてくれるのです。

お供えの準備などの手間が面倒でお墓から足が遠のくのは本末転倒。手軽なグッズを使うことで、御霊を供養する機会が増えるのなら、ご先祖様も草葉の陰で喜んでいるんじゃないでしょうか。
(コージー林田)

※この記事は2010年08月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト