どうして険悪になってしまったのか…

きょうだいが不仲になった理由1位は

2014.08.29 FRI


きょうだいのこんな殴り合いのケンカは見たくない…。アンケートの回答のなかには「映画を見たあと、食事の場所を決めるだけでケンカになった」なんてコメントも…
きょうだい仲良く力を合わせて…とはいうものの、現実には、「仲の悪いきょうだい」も少なくない。ひとつ屋根の下で暮らしてきたのになぜ不仲になってしまうのだろうか?

そこで、「現在、兄弟姉妹と仲が悪い」と答えた25~34歳の男性200人に、様々なアンケートを実施(協力/アイリサーチ)。きょうだいが不仲になった原因と現在の関係についてリサーチしてみた。その結果は以下のとおり。

●きょうだいが不仲になった原因TOP10
1位 性格が正反対だから(40.0%)
2位 なんとなく疎遠になった(33.0%)
3位 共通の話題がないから(30.5%)
4位 住まいが離れているから(20.5%)
5位 妙に偉そうだから(17.0%)
6位 向こうに非があっても謝らないから(10.5%)
7位 小さい頃、いじめられたから(いじめたから)(9.5%)
8位 人のモノを勝手に使うから(5.5%)
9位(兄弟姉妹のほうが)親にひいきされていたから(5.0%)
10位(兄弟姉妹が)あなたに嫉妬しているから(3.0%) 

1位の「性格が正反対だから」はわかるものの意外だったのは2~4位。相手を否定する明確な理由があるわけではなく、「それだけで?」といってしまいそうなものばかり。

明確な理由があるのはむしろ5位以下の項目だが、いずれもかなり少数派。ただ、なかには、強い感情が露わになったものも。

たとえば、「弟の私が先に実家を出たので、兄はそれを妬み『お前には俺の気持ちが分からない』といわれた」(33歳、男性)、「両親は妹をひいきにし、私(兄)には無理やり上京させて、妹は私立の大学院にまで行かせたらしい。それを知人から聞いて不仲になった」(29歳、男性)など、歩みの違いが不仲をもたらしたケース。

または、「弟が女を連れ込むので、モテない自分は嫉妬するように」(25歳、男性)、「金を借りる時しか連絡してこない兄に幻滅」(26歳、男性)といった、“兄弟格差”が背景にあるものも見られた。

不仲である彼らは、「(互いに)連絡をとることはまずない」(72.5%)、「この先、別に会いたいとも思わない」(54.5%)、「会っても口を利かない」(51.5%)など、かなり冷え切った関係にある様子。なかには「母の入院時に、夜中のロビーで怒鳴り合い」(32歳、男性)…なんて人も。大人のきょうだい不仲は「喧嘩するほど仲がいい」という言葉通りにはいかないようだ。
(有井太郎)

※この記事は2013年8月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト