女心がわかる!? ホンネの恋愛事情

結婚式で「ケチったな」と気付く瞬間とは?

2014.08.04 MON


意外とバレてます… 画像提供/セキララ★ゼクシィ
料理を豪華にしたい、ドレスをたくさん着たい…などなど、結婚式でお金を掛けるポイントって人それぞれ。ただ、お金を掛けるポイントがあれば、節約しなければいけないポイントもあるもの!そして、節約ポイントは、できればゲストには気付かれたくない…というのがホンネですよね?そこで、ケチるとバレやすいポイントについて調査してみました。

まず、20~30代の女性に「これまでに出席した結婚式の装飾や料理などで、『ここはケチったんだな』と分かってしまったことはありますか?」と聞いてみたところ、69%の人が「ある!」と回答。皆さん、結構見ていますね。具体的にどんなところで分かってしまったのかも聞いたところ、1位「料理」、2位「引出物」、3位「装花」という結果に。確かに、どれも結婚式に出席すると目につきやすいポイントですよね。実際に「ケチったな」と気付いた理由も聞いてみたところ…

●「料理は一番値段が出るところだと思う。品数はもちろん、内容やボリューム感で、ケチったのかそうでないのかが分かりやすい」(30歳)
●「飲物がソフトドリンクとビールのみの時は、ケチった感じを受けた」(32歳)
●「引出物がカタログ式ギフトだったのですが、何回見直しても欲しい商品が載っていなかった。値段がかなり安かったのだと思います」(26歳)
●「挙式会場のブランドのものだけ入っているとそれが安かったのかな~と思う」(34歳)
●「新婦新郎席の花は豪華だったけど、ゲストのテーブル席は寂しかった」(28歳)

など、厳しめのコメントが続々。料理については、品数やメインの食材はもちろんですが、意外にドリンクやデザートから「ケチったな」と思われることが多い様子。また引出物では、特にカタログ式ギフトだと予算が分かりやすいみたい。

ちなみに、自分の結婚式で、ゲストから「ケチったな」と思われたくないポイントはどこなのかも聞いてみました。するとトップ3は、1位「料理」、2位「引出物」、3位「装花」と、ゲストとして出席した結婚式で気付いたポイントと全く同じ結果に。ケチったと思われたくないポイントのはずなのに、ゲストにバレバレなことが多いというのは残念…。

結婚式は人生の一大イベント!だからこそ豪華でステキな式を挙げたいと思うものですが、予算内にうまく収めることも必要。節約はしつつ、ケチったと思わせない、絶妙なバランスが大事なんですね。


記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト