眼精疲労、ストレスに

症状別!おすすめサプリの選び方

2014.09.03 WED


摂取したサプリメントの栄養素が吸収され、体内で十分に活用されるよう、天然型で高品質のものを選ぼう 写真提供/PIXTA
健康志向の高まりで、成長を続けるサプリメント市場。コンビニにも様々なサプリメントが並んでいる。しかし、聞きかじった情報でなんとなく選んで、満足した気になっている人も多いのでは?

そこでサラリーマンが抱える眼精疲労や胃もたれなどの症状別におすすめのサプリを、専門家に聞いてみた。

「眼精疲労にはアントシアニンやビタミンA、DHAがおすすめです。胃もたれには胃の粘膜を保護するビタミンA、ストレス対策には亜鉛やタウリン、マグネシウムがよいでしょう。最近若い人に多い通風にはサポニンが効果的です」

とは、サプリなど健康関連商品を販売するナチュラルウェブ店長・渡辺浩孝さん。

ただし、サプリはやみくもに摂取すればよいというものではない。過剰摂取にも注意が必要だという。

「たとえばビタミンAには、植物性と動物性の2種類があります。植物性のものは体内に蓄積せず、余分に摂取した分は排出されるので、過剰摂取の心配はありません。しかし、動物性のものは体内に蓄積する性質があり、過剰摂取になるおそれがあります。サプリ選びの際は、こうした点まで考慮した方がよいでしょう」(渡辺さん)

こうした懸念を背景に、最近では各人の体内環境や栄養状況に合わせた「オーダーメイドサプリ」(テーラーメイドサプリ)が人気を集めているという。「自分専用サプリ」といってもいいだろう。

ナチュラルウェブでも、各種ビタミンやミネラルをはじめ、アミノ酸、DHA、乳酸菌など約120種類のサプリの中から、個人に合った7種類を選んでくれる。でも、どうやってカラダの状態を確かめるの?

「毛髪ミネラル検査で調べています。少量の髪の毛から栄養ミネラルの過不足と、体に蓄積した有害な重金属の量を検査し、その結果に応じてサプリを選びます」(渡辺さん)

ちなみに同店では、オーダーメイドサプリを飲用して気になることがある場合には、アフターフォローを受けることも可能。毛髪ミネラル検査を受けた人は、検査機関の栄養士が相談(要予約)を受け付けてくれる。

昨今、ネット通販などでサプリを扱う業者は数多い。だが、なかには品質管理がしっかりしていない店もある。カラダに入れるものだけに、お店選びは慎重にしたいものだ。

(池田園子)

※この記事は2013年9月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト