眉毛、まつげ、肌が3大ポイント!

男のナチュラルメイクHow to

2014.11.11 TUE


左がビフォーで、右がアフター。右の方が全体的に引き締まって見えるし、ひげそり後のブツブツも気になりません。眉毛を濃く、眉山を高くするとより男らしく。薄くなだらかにすると爽やか系になるのだとか 撮影/桜井としき
男子を25年もやっていれば、女子のスッピンに愕然とした経験も2度、3度。メイクの威力は、かように絶大。あわよくば男子だってあやかりたい! とは思うものの、あからさまな化粧には抵抗が……。周囲にバレることなくカッコよくなれる、男のメイクってないのかしらん。

「眉毛、まつげ、肌。この3つのポイントに少しだけ手を加えてあげると、違和感なくイメージアップできますよ」とは、男性向けエステサロン・アンジェリークの代表で、ビューティークリエーターの宇治原一成さん。

とりあえず、やってみましょう! まずは、眉毛!

「最も効果的に顔の印象を変えられるのが、眉毛です。ただし、イマドキの高校生のように細くすると『いかにもやってます』な雰囲気に。ナチュラルに仕上げるポイントは、眉の下側を丁寧に整えつつ、上側をできるだけ自然のままに活かすことですね。また、眉毛は1本抜いただけでも顔の印象が変わるので、自分で手入れをする時は慎重に」

毛抜きで眉毛を抜き、ハサミで毛の長さを切りそろえること3~4分。おぉ! いつになく凛々しいマイ眉毛!

続いて宇治原さんが取り出したのが、女子がよく使っている “ビューラー”。まつげをクルクルする銀色の器具です。

「まつげを上向きに立ち上げてあげることで、目元がぱっちりとした印象になります。使い方さえ覚えれば簡単ですし、一重の人や目つきが鋭い人には、特に効果がありますよ」

そして、最後が肌。化粧水と乳液を肌に馴染ませてから、自分の肌色よりややダークな色のファンデーションを少々。

「ひげそり後の青みや、吹き出物の跡を、少量のファンデーションで隠していきます。この時、暗めの色を使うことで、顔が引き締まった印象になります。ファンデーションに抵抗のある方は、化粧水と乳液を付けるだけでも、肌に透明感が生まれますよ」

と、宇治原さん。う~ん、人生初のメイクだし、他人に顔を触られるのって、ドキドキすんなぁ。ていうか、鼻毛出てないか? 今日の俺? なんてことを考えつつ、約10分が経過。完成したのが、上の写真です。

わぉ。よく見ると、メイクした右側の方が、キリっとしてる!

この後、反対側の顔も完成させて職場へ行ったのですが、メイクしていることには全く気付かれませんでした。今回使った化粧道具&用品は、すべて彼女や家族が使っている女性用のもので代用可能。ものは試しで、まずはトライ!
(サグレス/吉原 徹)

※この記事は2010年04月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト