これも一種の朝活かも…

「夜の営み」は朝がオススメ!?

2014.11.14 FRI


リラックスして眠る彼女を起こして、“朝の営み”なんて、実践してみたら楽しそう! 写真提供/GettyImages
突然ですが皆さん、“夜の営み”はいつしてます? 夜の営みっていうくらいだから、食事をして、お酒を飲んで、徐々に気分を盛り上げてから就寝前に…なんていう夜派が大多数なのかもしれません。ところが、ある企業のアンケート調査によると、「朝にセックスをしますか?」という質問に対して「する」と答えたのは84.7%で、「しない」派を大きく上回る結果が出たんです。

「ひとつ考えられるのは、テストステロンとの因果関係です」と、朝の営みの必然性について教えてくれたのは医学博士で日本性科学会名誉副理事長の野末源一さん。「テストステロンとは精巣から分泌されている男性ホルモンの一種で、性欲や性的興奮を高める作用があるといわれています。分泌量は日中変動するのですが、平均的に夜中の3時から朝にかけて増加する。つまり、テストステロンが多く分泌されている朝は性的興奮が高まり、その気になりやすい時間帯といえるでしょう」

一方、セックスセラピストでWEBマガジン「ラブリーポップ」を運営する荻原かおるさんは、女性の立場から朝の営みのメリットをこう語る。「男性にもいえることですが、仕事で疲れている夜よりも、リラックスしている朝の方が敏感で感じやすくなっています。それに、半分寝ぼけているので、いつもより積極的になれるという効果も期待できそう。夜の営みにマンネリを感じているカップルは朝、試してみるといいかもしれませんね」

確かに仕事で疲れた体に鞭打って、夜に頑張らなくてもいいのかも。では、朝するうえで注意すべき点はないのだろうか。野末さんに聞いてみた。

「朝勃ちしたまま行為に及ぶことを心配する人がいるようですが、特に問題ないでしょう。勃起不全の人なんかは、積極的に朝勃ちを利用していいくらいだと思いますよ。ただ、性病予防のためにも性器は清潔にしてからの方がいい。膀胱が張っていると射精までの時間が短くなる傾向もありますので、排尿を済ませ、シャワーを浴びてから、というのがベストですね」

朝ラーメンに朝カレー、朝婚活なんてものまで流行っている昨今、“朝の営み”もトレンドになってくるのかも?
(中島亮/サグレス)

※この記事は2011年04月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト