もしもするなら、どの部分を修正したい?

「オトコの整形」人気部位1位は?

2014.12.04 THU


過去7年をかけて、整形を繰り返した福タローさん。「目、鼻、輪郭からヒップまでほぼ全身の整形をしています」とのこと
もう少し目が大きければ、鼻が高ければ…そんな夢を抱いたことがある人もいるだろう。二重まぶたが人気…など聞いたことがあるけれど、ホントのところはどこをイジりたいと思っている人が多いのだろう? そこで編集部では、「整形をしたいと思ったことがある」という20~30代の男性330人に「整形したい部位」についてアンケート調査を行った(協力:ファストアスク)。

■やってみたい整形の部位ランキング
(やってみたい順に、3つ以下を選択)
1位 目(54.2%)
2位 鼻(36.6%)
3位 顔の輪郭全体(22.1%)
4位 顎(19.1%)
5位 しわ・たるみ(18.8%)
6位 唇(15.5%)
7位 頬(12.1%)
8位 その他(3.3%)

特に整形ニーズが高かったのは、顔の主要パーツである「目」と「鼻」。「目」で人気だったのはやはり“二重まぶた”で、「鼻」は“形を整えたい”という人が多かった。

では、これらの整形は一体どのような術式で行われるのだろうか? サフォクリニック(目)、京皮膚科・形成外科 銀座院(鼻)、あらおクリニック(輪郭)の3つの医院と、過去7年間で整形に500万円以上費やしてきたという、男性美容研究家の福タローさんに上位3つの術式について聞いてみた。

【1位 目(54.2%)】
二重まぶたにする「埋没法」が日本では一般的だが、海外では自然な目ヂカラアップになる「エイジングアイ」が流行。男性美容研究家の福タローさんによると、「目ヂカラがギュンギュンだと、印象は大きく変わります」とのこと。実際に施術を体験した、サフォクリニックの医師は、「凛々しくなった」「若返った」と言われるそう。

【2位 鼻(36.6%)】
「鼻が整うと顔全体の印象が美しくなります」と福タローさんも語るように、顔のバランスを良くするのに重要な鼻。人気の高い鼻翼縮小は“切開”が主流だったが、最近では「切らない鼻翼縮小」のような糸による施術も行われている。 また、鼻に高さを出すにはシリコンやヒアルロン酸を入れる方法も。

【3位 顔の輪郭全体(22.1%)】
糸で頬を持ち上げる、顎を削るなどの施術もあるが、最近は注射による施術も多い。「ヒアルロン酸注入」は、鏡を見ながら気になる部分に注射し輪郭を整えられ、しわやたるみにも効果が。また「小顔ボトックス」は、頬にボトックスを注射し、発達しすぎの筋肉をスリムにする施術だ。

また、各施術について施術時間を聞いてみたところ、目(エイジングアイ)は2時間、鼻(切らない鼻翼縮小)は1時間、顔の輪郭全体(小顔ボトックス)は30分~と、意外と短時間で済む模様。それに基本的に入院が必要な施術はあまりないようで、わりと手軽にできるようだ。

福タローさんによれば、「整形を成功させるには、情報収集がすべて。ネットなどの情報ではなく、実際に行った人の話を聞くのが一番」とのこと。気になる人は、まずは情報収集を始めてみる?

(辺土名悟、河島マリオ〈GRINGO & Co.〉+『R25』編集部)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト